こんな風に録音します

宅録仕事道具

この間、自宅の点検にいらした業者さんに、びっくりされました。

「す、すごい機材がありますね。僕がお邪魔したこれまでのベスト3のお宅に入ります。一体何をなさっているんですか?」(ほかのベスト2が気になる。。。)

昨日、宅録(自宅録音)していて、ふと思いました。
フリーランスの場合、よくある自宅録音も、一般的にはどうやっているのか不思議なんだろうな…と。

どんな機械を使うかというと…

声を入れるマイク、それを調整するオーディオインターフェイス、リップノイズを防ぐポップガード、パソコンにはそれらを取り込むソフトが入っています。

あまりにも見慣れすぎていて、どうすごいかわからない💦
でもレアな風景なんでしょうね。

雑音どうするの?

お客様がピンポーンとインターホン鳴らせば、録り直しです。普通の部屋なので。
それ以外の雑音は、マイクと納品先の技術さんが頑張ってくださり、動画とともに美しく加工されます♥

時々、カラスが遠くで鳴いている声が被っていたから、録り直してください…なんていうチェックは入ります。
そんな時は少し防音室が欲しいなって思いますが笑

今は、吸音材を前においてやったりします。

ここまで来て、ようやくやっぱりマニアックかも知れないという気がしてきました(笑)

スタジオ録音の時は、もっとシビアに音が入るので、アクセサリーを外し、空調無しに耐え、体の向きを固定…
一人でブースに入るので、あまりほかの方の様子を拝見したことはありませんが、手足が凄く動いても、マイクから口がずれないような感じです。

かなり過酷で地味な作業です。

こうして、雑音を自ら少なくして、かつ、編集でノイズを取ります。

マイク乗り

世の中、やたらと化粧がお上手な方がいて、その方のことを「メイク映えする」という時があります。

声の世界も「マイク乗りする」人がいます。
歌手の方などは、マイマイクを持つくらいですので、声グセが分かるとマイクも選びがいがあります。

ナレーターさんがマイマイク持ち歩いてカラオケに行くところは見たことはないので、コレクターとは棲み分けされているようですね笑

私の場合は、楽器屋さんでマイクを試すブースで試した結果、今のマイクに落ち着きました。

あ、皆さんがよくやるトントンとマイクを叩いて、あーあーあーマイクテストっていうの・・・
マイクが痛がっていますので、お声だけで十分です(笑)

今日も地味に、救急車が通りすぎるのを待ち、家族が寝るのを待ち…

つまり、こんな風に録音しています!

機材も年々進化しているし、私のものが全ての方に合うというわけではありません。
もし、このような職業を目指す方がいらっしゃるのならと思って、色々書いてみました。
楽器屋さんで、機材も楽しんでみてください!

私も、冬の乾燥と真っ向勝負の日々…たくさんの方の耳に届くように頑張ります!

スポンサーリンク
レクタングル広告大