紙袋、捨てる前にこう使ってみる

作者日記

紙袋が増えすぎた!減らしたい!

お片づけアドバイスに伺って、最も多く発掘されるもの…

①割りばし
②タオル
③紙袋
④ポケットティッシュ
⑤スーパーの袋

これ、なーんとなく増えやすいアイテムですよね。
そこで、適度な数に減らす作業をするわけですが、紙袋に関しては、せっかくなので、分ける作業に利用させていただくことも…。

すると、「え?使うの?」と惜しがる人もいます。
使うために置いてますよね???

「あ、そうか」⇒お客様も気づく
同じ減らすならお片づけに使って気持ちよく処分!

家族のものは、分けることが重要になってくる

自分のものは、ホイホイ処分できても、時々わからないものがひょっこり出てきますよね。
上手く処分するためにも、誰のものか、写真のようにわけるようにしています。

後日、本人に選別してもらうと自分のストレスは、まず減ります。

これ、片づけスイッチが常に入っている片づけ上手な方は、家族のものもどんどん判断して、処分してしまいがちなのです。
それをストップする上でも、ポイントになる作業です。

まずは判断するために、この家族分けをし、自分のものからやっていく。

「何で、始末の悪い家族のものを私がやっているのよ~~~~」

こんなストレス溜めないためにも、家族のものは、このさい、後回ししちゃってください。

 

こんな人もいるんですと認める勇気

自分を擁護しているわけではないのですが(笑)、以前、ふいのお客で赤っ恥をかいたことがありました。

「私は出来ないんですってばー」

 

ところが出来るようになると、人のアラが気になる

現金なもんです。

 

この本は、資格を取ってから読みました。以前の自分をわかる人がいた!と思いました。
心の整理材料です。

自分のこと、家族のこと、わかる人がいると嬉しいですね。

頑張ってるんだけれど、減らない…。
そんな気持ちから一旦離れて、紙袋をとことん利用し、気持ちよくボロボロにして処分!

増えすぎて困った人も、収納用品を買う前にわける入れ物が必要な人も、手軽に紙袋!

ワケワケする日を作ってみるのも楽しいですよ。

声で人生を変えてみませんか?自分の本物の声を見つけてみませんか?
桐原聡美の「愛を伝える声」をつくるマガジン

声にコンプレックスがある、声が枯れる、緊張する…
「自分の声が嫌いになる」方がたくさんいらっしゃいます。

でも、「自分の本当の声」を知って、受け入れ、トレーニングすれば変わるものなんです。

「声」は「人生を望む方向」へ連れて行ってくれるんです。

そんな声を良くしていくコツを「声」と「文章」両方でお伝えしています。
時には、私の黒歴史にも笑ってください。

作者日記 整理収納
\フォロー/
Sammy craft工房
タイトルとURLをコピーしました