重い家具を動かす方法

作者日記

模様替えを思い立ったとき、

「あの家具さえ動かせれば!」と重い家具をみて、ため息をついたことはありませんか?

私は小柄なのですが、どーーーしても今の配置に納得いかず、怪力をつかいました…

…と書きたいところですが笑

ある方法で簡単に一人で動かせたんです!

その方法とは?

重い家具を動かすならアレを用意しよう

この写真にあるスライド本棚は高さ195センチほど。その棚の奥にエアコンの通気口があるので、場所を確保したい。

ということで、手前のIKEAのオープンボックスと入れ替えます。

やるからには、どちらも空っぽにしますよ。

かなーりドッサリ。

あまりにもすごいので、モノクロで笑

ここで用意したいアレ

  • 段ボール
  • 滑り止めつき軍手
  • いらない毛布
  • 長い定規

このどれかが使えたら解決します。

まず、軍手。

 

滑り止めがある方を上に、本棚の角にいれます。そして、すーっと引く。

軍手がないなら、段ボール。段ボールは少々ツルっとしているので、段ボールを滑らせている最中に、家具がずれないよう気をつけてください。

中でも私がいつも使うのは、毛布。ただ、少しだけ斜めに浮かした家具の下に、毛布を敷くのは大変!

長い定規を持ってきて、毛布をぐいっと、奥に突っ込みながら敷いています。

重い家具を動かす専用器具もありますよ

四隅に、滑りやすくする補助具を敷いて、動かすものです。
たくさん家具を動かさなければならなかったり、
引越しの際には便利そうですね。

因みに、専用器具は色んなサイズがあります。

サイズと耐荷重量をよく確認してみてください。 

 

重い荷物や家具を動かす原動力は、今回は「怒り」笑

以前、お客様の引越し前の整理梱包サポートにお邪魔したことがあります。

前日までに冷蔵庫の水抜きを忘れていていたお客様、
引越屋さんが持っていけないと連絡してきて、大ピンチ!!

急遽引越し時間まで、冷蔵庫を少し移動し、傾けるお手伝いをしました。

でも、ご高齢の家主さんと私では、到底移動できず…。

・・・と、

 

その時に、新居に某電器店の配送のお兄さんが、
新しい冷蔵庫を運ぶときに、軍手と毛布を使っていたことを思い出したんです!


「水抜きなくても、配送してくれたらいいのにねー」と怒りの家主…。
その怒りから、怪力炸裂で、無事に軍手で移動完了!

ヤッター!
ハイタッチ!!


いまだに、お客様はそのお話を思い出して、お手紙をくださいます笑


そして、今回の怒りは、家族三密のストレス

一緒の部屋時間が長すぎて、使っていない部屋を大改造することを決意!
また怪力…いや、簡単に移動しました!

あーー、スッキリ!

怪我がないよう、安全に行ってくださいね!

以前、整理した時に便利だったものです。引越し先でも重宝しました!⏬

タイトルとURLをコピーしました