お気に入り調理道具

作者日記

時短な道具には、ワケがある

最初に断っておきます。
決して、料理が上手いわけでも、早く出来るわけでもありません。
道具好きが高じて、キッチンに生き残ったモノを紹介しています。

さて、本題…

あれこれ使った挙句、これまで数十年残った道具を見てみると、3つの要素があることがわかりました。

1 デザインが良い
2 丈夫
3 使いやすい

ごく当たり前の理由ですが、この3つを兼ね備えるものとなると、少ないのです。

ネギの細かい作業にうってつけの2品

なぜか、我が家はよく料理にネギが登場します。そのせいか、

まず一つ目は、かれこれ20年は使っているでしょうか?
ネギーるです!

しかも白髪ネギを作ることに特化しています。

ネギなんて、包丁でいいのにね〜という方は、読み飛ばしてください(笑)
いかに細く作りたいか?
ラーメン屋みたいなネギを一度はちゃんと出してみたい!
素敵な器を持っているから、あしらいに使いたい!

はい、どうぞ!

使い方は、いたってシンプル。
軽く白ネギに割れ目を入れ、シャーシャー引く。
それだけ…。
あまりの呆気なさに、感激することすら忘れてしまいそうです(笑)

次は、調理道具ではよく見かける貝印のハサミです。
キッチンバサミは色々ありますが、このカーブがミソ!

円筒形の白ネギを逃さず、バツンと切ります。
普通、円筒は包丁でもモノが逃げやすくて、難しいですよね。ハサミを持つ方ではない手でしっかりモノを押さえることができますから、安定しますよ!
しかもいろいろなハサミより、軽いです。
手が小さい方や、重いハサミが苦手な方には、うってつけ!

洗ったら、束で持って、小ネギをチョキチョキ、直接みそ汁なんかに入れています。
つまり、まな板が要らないという、ズボラな私にはピッタリなアイテムでもあります(笑)

定番だけれど、早く使いたかった商品

前から、友人からもテレビからも「いいよー」と絶賛されていた商品をとうとう手にしました。使用期間は短いですが、一度手にしてしまうと、こればかりを使ってしまいます。

皆さん、お玉にこだわったことってありますか?
私は、2本使っていますが、特に大きな特徴はありませんでした。かと言って、2本もいるんだろうか?
・・・とは思っていたんです。


出典:無印良品 シリコーン調理スプーン

これを買ってからは、もっぱら、もともとあった2本は、忘れ去られたかのようにこちらが機能しています。
シリコンで出来ているので、かき混ぜることにも使えるし、こそげとるのにもいい感じです。

続いては、コチラ↓

声で人生を変えてみませんか?自分の本物の声を見つけてみませんか?
桐原聡美の「愛を伝える声」をつくるマガジン

声にコンプレックスがある、声が枯れる、緊張する…
「自分の声が嫌いになる」方がたくさんいらっしゃいます。

でも、「自分の本当の声」を知って、受け入れ、トレーニングすれば変わるものなんです。

「声」は「人生を望む方向」へ連れて行ってくれるんです。

そんな声を良くしていくコツを「声」と「文章」両方でお伝えしています。
時には、私の黒歴史にも笑ってください。

作者日記 料理
スポンサーリンク
\フォロー/
Sammy craft工房
タイトルとURLをコピーしました