【肺活量を鍛える】声がよくなる3つの方法

肺活量は増やすことができる

「肺活量を鍛える」と言って、即座に思い浮かべられるのは、水泳選手などのスポーツ選手のトレーニングでしょうか。

声を使う仕事の人も、これがあるとないのとでは、声の深みが全く違います。

実は、こんなことを書こうと決めたのは、この間、肺機能測定器(スパイロメーター)で、肺活量を測定したから…。

肺活量は、ある方がいいに決まっている (キッパリ!)

私は仕事で、声をかなり使います。
だから、上のような刷り込みが出来ていて、一般の方よりは肺活量はあると思い込む…。

測ってみたら

え???

え???

え???

余りの数値の低さにたじろきました。

鼻が細いので、少ない呼吸(努力呼吸量といいます)で頑張って声を出していた!
(医者には、よく頑張ってたねと言われました笑)

が、肺活量は、トレーニング次第でどんどん増えてくれます。
呼吸筋も鍛えられます。

そして、肌、声、血液の流れ、肺炎などの予防、あらゆることを助けてくれます。

皆さん、私と一緒に肺活量を増やしてみませんか?

肺活量を増やし、声を良くするために気をつける3つのこと

肺活量や声は、次の3つを意識すれば、かなり大きな効果が得られます。

①息を吸う時の姿勢を意識する

息を吸うときに大事な腹式呼吸。

文字通り、お腹に息を貯めこむ必要があり、その貯めた息を吐くことで、音(声)がでます。

お腹に行くまでには、空気は喉や肩や胸(横隔間)を通ります。

だから

胸を張る!!!

鎖骨がグワっと開いていくイメージです。

姿勢は、呼吸を左右します。

②あくびをしてリラックス

「お腹は膨れているみだいだけれど、声が小さいです」

こういう方は、大抵どこかで空気がストップしているはず。

ほとんどの原因は、ノド

緊張をほぐすという意味でも、「あくび」はとても大事。
声を出す本番前に、大あくびしてノドを開いたり、解きほぐしてみてください。

③骨盤まわりを柔らかくする

胸を張って、横隔膜が押し下げられると、臓器が下がります。
たくさん下げられると、それだけ肺活量が増えます。

ってことは・・・

頑なな股関節をほぐしてあげる必要があります。
フラダンスのように、腰を左右にスウィングするだけでも、違ってきます。

のど・胸・腰の3つのラインに、息の縦パスが通るような感じになるだけで、代謝があがり、声にぬくもりや力が宿ります。

「うわべだけで言葉を言う」
これって、縦パスが通っていない時なのではと思う笑

自分の声が淡々と感じるなら、【息の縦パス】を思い出してみてくださいね。

肺活量を上げるグッズを買いましたけれど

せっかくだから…と、Amazonで肺活量トレーニンググッズを買いました。

届いてびっくりだったのよ。

ま、まじか……(手のひらサイズ)

結果がでたら凄いなと思うので、その時は正々堂々と追記紹介しますね。

因みに、ナレーション業界やボーカルやる人に有名なパワーブリーズ。
あの、ボーカル稲葉さんが使っているという…。
今度は、そちらにするつもりです笑
購入したらレポートします。

ナレーターが肺活量を上げようとする理由

どうしてこのように、肺活量を上げようとするのかというと…

〇「ひと息で、文章を言う」ことができると、相手が相槌を打ちやすい!

〇文章と文章の間に、上手な間ができる

途切れ途切れのお喋りは、声の音色の良さも伝わりにくい。
聞き手は、急ブレーキが何度もかかる車の助手席にいるようなもの。

試合を終えたばかりのアスリートが、インタビューにすぐに応えられているのも、肺活量を普段から鍛えているからだと思っています。

そして、大事なのは身体のなかで、空気が振動すること。

身体の中で、「そよ風」・・・より、「嵐」のように空気が通り抜ける方が、断然振動します。

もし、本当の気持ちを相手に届けたいならば…
多くの肺活量を利用して、体内で「嵐」を巻き起こす!!!

よし、私もやるぞーーー!

とりあえず、コチラも使って…。

肺活量と一緒に舌トレもしてみたら効果倍増です!
参考までに、簡単な舌トレの記事をどうぞ↓

*********************************
毎度、フリーアナウンサー内山久美子講師と、ナレーター桐原聡美が嵐を巻き起こしております「魅せる声トレ」

7月の予定はコチラ↓

『魅せる声トレzoom レッスン』

7月は23日ビギナークラス(残席4)、25日ステップアップクラスです。

艶がある声になるだけでなく、美容と健康にダイレクトに作用する「舌トレ」と「強み発見と話しかた」の二本立てです。

詳細はこちら↓

【受講生の方のご感想ブログはコチラ】

スポンサーリンク
レクタングル広告大