写真と実物の誤差に泣かないために

プロフィール写真との自分の誤差を埋めるために

この時期、受験票、就職試験…何度となく写真の用意が必要で慌てることが多いなと思います。そこで、ちょっと思うことを書いてみようかなと…。自戒も自虐もこめて…。


私は「声のカタログ」というものを数年に1回録音します。
それが世に出回り、それを選んでいただいて、ナレーションするというシステムになっています。
声は、そうそう激変することがないから良いのですが、そこにくっつける「プロフィール資料」がクセモノ。(声だけの判断でいいと思うけれど、そうもいかないっぽい)

そしてタレント事務所に所属する多くの声のタレントさんは、事務所の要請もあり、プロフィール写真を撮ります。


※↑こんなに躍動的な写真は撮りません!

20年前のものをずーっと使う方もいらっしゃいますが、奇跡の1枚を願って撮ります。(100枚叩いて、1枚あるかないかの奇跡…。だから突っ込むなと言いたい(笑)。もう劇的ビフォーアフター(笑))

テレビ、雑誌に多く出ている方は、割と写真との差異はないのですが…
声を出す人間は、得てして顔と声が一致しないと言われる…。

ラジオなんて酷いもんです。
公開録音などは「だから、観に来るなといったのに~」とこちらが呟くくらい、色んな声が聞こえます(笑)

一方、写真では、プロにしっかりメイクしてもらいつつも、そのギャップには悩んでいます。
じゃ、そこ、どうするの???

これが今日の本題です。

出来るところをブラッシュアップ

写真が苦手な私が取った行動は…

「写真屋さんに慣れる」
「馴染みのフォトグラファーやメイクさんを作る」
「メイクそのものを知る」
「コンディションを整える」

我ながら普通過ぎて、ビックリ!
特に、3つ目、4つ目は日々の鍛錬…。

そして、近年見つけだしたのは…

メイクでごまかせないところをどこまで引き上げるか???

…ということでした。

驚くことに、それはとっても身近でした。

それは??

ずばり、声を磨くこと!

美容にも、とっても効果があって、いつの間にやら化粧ノリも良くなって…。
一番驚いたことは、ほうれい線が薄くなること!

なぜ、早く気づかなかったかねぇ…(笑)

つまり、年齢的にも衰えていくことは、分かっているので、逆行できることを見つけたわけです。

自分を別の角度で見る

先日動画を撮りました。

動画のナレーションを入れることはあっても、動画撮影は、なかなか無いのですよ、コレが…。
まーーーー、ドコが動いて、ドコが不良部分か分かる怖い怖い一瞬…。

が…、数年前のプロフィール写真にくっきりあったほうれい線は、薄くなっていました!

声を磨き続けると、声が老けることもなく、肌は若返る可能性があるってことなんです!!

凄い大発見したみたいになっていますが…

同じことを考えていた同業者の内山久美子さんとも、その話で盛り上がりまして、そのトレーニングを提供しようという運びになりました。

(変顔するし、4K恐ろしいし…まぁそりゃ変な意味で盛り上がっとります)

かく言う私、幸いなことにサテライトで生放送をやっていた頃は、夜番組担当。
人通りが少なめで、目立たない(笑)

良かった良かった…

じゃなくてーーーー

もっと頑張れよ(怒)

てなわけで、今更ながら、効果を実感しつつ、トレーニングに励んでおります。
良かったら、一緒にトレーニングしてみませんか?
近く、無料動画をお届けします。
はぁぁぁ、マイクはそれほど緊張しないけれど、動画は勇気の一歩です(笑)

ヒカキンさん、凄いな…。←どこ目指すの?!(笑)

【これからの講座】
一日で、資格が取得できる片づけ講座
〇整理収納アドバイザー2級認定講座(5月ごろ開講予定)
〇声を磨くZOOM講座(3月5日予定)
スポンサーリンク
レクタングル広告大