ナレーターが使う道具あれこれ


スタジオに入って、ヘッドフォンして、ブツブツ・・・
こんな映像を見たことがあると思います。

仕事はかなり細分化されていて、「声優」「ラジオDJ」「ナレーター」が、このスタジオに入ってする声の仕事です。
部屋では、割と壁に向かって、黙々とやります。

マルチな方も多いので、「声のタレント」という方がしっくりくるかもしれないですね。
私は、ナレーター業が近年は多いのですが、この仕事で共通して使うものを改めて出してみました。

ナレーターが使う道具たち

ヘッドフォン、ストップウォッチ、アクセント辞典、電子辞書(アクセント辞典が入っている)、このほか赤いサインペンが一本入るかなといったところ。
あまりお目にかからないものは、アクセント辞典でしょうか?

アクセント辞典というアイテム

数年に一度、改訂されると、何となく「おぉおおお~」と声が上がります。
これだけ言葉が変化する世の中、アクセントもとても変化し、辞書が追いつかないことがあります。
変化に、どれだけ対応しているか、ついつい期待してしまう…。

電子辞書のNHK版、三省堂版を併用しています。

同じアクセントを調べても、多少の違いがあるので、確認しながら、録音していきます。


例えば・・・

「断熱材」

あまりの暑さに、この言葉を選んでしまいました

電子辞書のNHK版では、一つの読み方ですが、三省堂では、二つ…。(線のあるところが、音が高くなります)
三省堂の方が、ちょっと現代っ子な感じです。

一方、電子辞書は、喋ってくれるところが凄いです。
英単語と一緒で、正しい日本語アクセントを機械が喋ってくれるので、再現する側は大助かり!

このアクセントを喋っているお方はどなた?(音声合成の可能性は高いですけれど)

NHK派と三省堂派はどれくらいの比率か???

日本人全員必携だった場合、どんな世の中になるのか?

すごーくくだらないことですけれど、長年気になっています(笑)

ストップウォッチは、高機能だとセミナーにも使えます

先ほど紹介した写真に写っているストップウォッチは、私が初めて買ったもの。
尊敬しているナレーターさんが使っていたというミーハーな理由で買いましたが、調子が悪くなり、現在は家用として稼働。
ピッっと音が鳴らなくて、カチっと言わないものが必須です。

ラジオの時は、ミキサーさんに勧められて、サウンドプロデューサーというものを使っていました。
これがまた優れもので、喋る時間は、全体で、あと何分あるんだろう?という計算をすることが出来たりします。
つまり、曲や、CMや時報の時間を引き算して出してくれるんです。

セミナーや講座の時には、どうしても喋らねばならない持ち時間を調べる時など、便利。

ヘッドフォンは、好み色々でしょうね。
長時間の時に耳が痛くなるので、耳に当たるところがフワフワしているのを使っています。
それすら嫌なナレーターさんは、インナータイプのものを使っているようですね。
ヘッドフォンに返ってくる自分の声は、ほんと何時までたっても好きになれないもの。
せめてヘッドフォンだけでも好きなものを…と持参します。

つい最近、このフワッフワは、交換できることを知りました。
本体買い直していたから、ちょっとショック。

というわけで、ざーっといつものアイテムを書き出してみると、案外こだわりなく過ごしてきたようで、年々好みは出るものだなと、ビックリ。
こういう道具が、良い時も悪い時も気持ちを盛り上げてくれていたのだな・・・と思います。

最後にどーでもいいことですけれど、この暑さ、ヘッドフォンしていると、猛烈に熱い(-_-;)
早く仕上げる能力が欲しい…

スポンサーリンク
レクタングル広告大