SCRATCHをやってみた!6(端で「跳ね返る」)

SCRATCH

端で跳ね返らせる。

前回では端に行ったら行きっぱなしでした。
ずーと端でばたばた動く猫。
猫をマウスでドラッグ(マウスの左ボタンを押しながら移動させる)して真ん中に持ってきて、ドロップ(ボタンを離す)しても、端に行ったきり。。。。

では、この猫を端で跳ね返るようにしましょう。
「動き」の中に「もし端に着いたら、跳ね返る」というのがあるので、前回のものに追加してみましょう。

(1)「動き」をクリックして切り替えたのちに、動きの中の下のほうにある「もし端に着いたら、跳ね返る」というのを探します。パッと見てないようでしたらスクロールさせてみてください。
prog07-01

(2)「もし端に着いたら、跳ね返る」をドラッグして「(10)歩動かす」と「ずっと」の間に持っていきます。
prog07-02

(3)「(10)歩動かす」の下の方が、白くなったらドロップしてください。

(4)すると「もし端に着いたら、跳ね返る」が「(10)歩動かす」と「ずっと」の下のほうの間にはまります。
prog07-03

さあ、「ずっと」をクリックしてみてください。
猫が右に左に動き出します。

えっ、ひっくり返って左に行ってしまう!
なんて こった!
右に行くときは、上下が正しいのに、左に行くときは、上下さかさまだ!
な ぜ だ?

「もし端に着いたら、跳ね返る」というのは、本当に”跳ね返る”というようです。
。。。ここでは向きを変えるだけでいいのですが。
次回は向きを左右反対にするようにできるか調べてみましょう。

今回はここまで。
次回をお楽しみに。

☆前回はSCRATCHをやってみた!5でした。
☆次回はSCRATCHをやってみた!7です。

声で人生を変えてみませんか?自分の本物の声を見つけてみませんか?
桐原聡美の「愛を伝える声」をつくるマガジン

声にコンプレックスがある、声が枯れる、緊張する…
「自分の声が嫌いになる」方がたくさんいらっしゃいます。

でも、「自分の本当の声」を知って、受け入れ、トレーニングすれば変わるものなんです。

「声」は「人生を望む方向」へ連れて行ってくれるんです。

そんな声を良くしていくコツを「声」と「文章」両方でお伝えしています。
時には、私の黒歴史にも笑ってください。

SCRATCH プログラミング、IoT
スポンサーリンク
naoをフォローする
Sammy craft工房
タイトルとURLをコピーしました