あなたは【声】で、こんな間違いをしていませんか?

【声の間違い】ベスト5はコレだ!

「声が良くなりたい」と思っている方は、多いと思います。

今日は、気がついた「声の間違い」についてお話ししてみたいと思います。

その間違いとは…

【声の間違いベスト5】

1 声は大きいほどよい

2 口は大きいほどよい

3 速く喋ることができるほどよい

4 声は高いほどよい

5 声は低いほどよい

え??

ウソでしょ??

そう習いましたよ。

………

ですよね。
では、順番に解説していきますね。

声は大きいとダメなの?

「だって、大きな声で、発表しましょうっで学校で習いました!」

大きくは間違っていないです。

ですが、「なぜ大きな声で話すのか?」の深い理由は、習ってこなかったんです。

声には、

誰に矢を飛ばしているのか?

という方向が必要なんです。

ただ大きいだけだと、「うるさい」と感じられる。
まんべんなく届かせようとすると、張り上げてしまい、のどを壊してしまいます。

実は、伝え上手な人は、小さな角度で声の矢を飛ばしているんです。

例えば、タモリさん。

『いいとも!』番組時代に、「観てくれるかな?」と呼びかける時以外は、ほぼ、客席の目の前の方に、語りかけています。

これを見たテレビの向こうの私たちは、すっかり、共感しちゃう!
自分に語ってくれているという錯覚を覚えますもんね。

きっちり届けるなら、大きな声より、誰かひとりに「伝わる矢を放つ」ことの方が大事なのがわかります。

口は大きいほどいいの?

この世の中、口裂け女(昭和の都市伝説!) のような人ばかりだと、ちょいと怖い笑

小さくても、口のなかで舌が、忙しく動いてくれたら、ちゃんと音になります。

誤解されやすいのは、「口が大きいから、はっきり聞こえる」と考えてしまうこと。

いくら大きな口でも、表情筋や舌に力がないと、滑舌は、かなり甘くなってしまうんです。

だから、口の大小は、あまり気にしなくても大丈夫だと言えます。

速く喋らなくてもいいの?

先程の滑舌に通づるのですが…

滑舌が良くて、一定の間(ま)があると、不思議と速く聞こえません。

ただ、この「間」がクセモノ…。

「早口で困っています!」と訴える方は、間がほとんどない。滑舌の甘さをごまかす場合も、間はなくなります。

ならば、思い切って、ゆっくり!
意味のブロックで必ず区切ります。

たとえば…

(例文)

私はおっちょこちょいなナレーターで時々読み間違えをしてしまいます落ち込みます

↑全く句読点を打ってない状態

問題がある方は、ほぼ句読点がなく、流しきります。

これを意味で分けますと、

〇私はおっちょこちょい
〇私は読み間違えをする
〇私は落ち込む

の3つの意味に分けられます。

(1)私はおっちょこちょいなナレーターで

(2)時々読み間違えをしてしまいます。

(3)落ち込みます。

この文章にある赤い数字。
心の中で読んで、読み進めてください。

いち、私は…ナレーターで に、時々… さん、落ち込みます

赤字だけ、心の中で呟けましたでしょうか?

つぶやいたところに、自然の間ができます。

これは、相手に息継ぎをしてもらい、次の言葉をかみしめる準備をさせる時間になります。

ぜひ、原稿があるときは、箇条書きの数字を打つようにしてみてください。

因みに、次の【〇〇〇】に一言、自分の感想を入れてください。

例:「それ、ヤバイよね」「うそー!」「頑張れよ」「まじか!」etc

私はおっちょこちょいなナレーターで 時々読み間違えをしてしまいます。【〇〇〇】落ち込みます。

入れてみましたか???

この例文、私の代弁だって言ったのは誰だ?!(笑)

【〇〇〇】の言葉、相手が思わず、呟きそうになる感想部分ですよね。

ぜひ、相手に言わせてから(思わせる)、「落ち込みます」と言ってみてください。

いいですねー!もの凄ーく、落胆が伝わります。

少しだけ、とっておきの高等テクニックになってしまいました笑

早く言えることは、スゴ技にも思えます。

が、
一歩間違えてしまうと、この絶妙なあなたの素晴らしい話のパスが、届かなくなってしまう危険が潜みます。相手が考え、感想を心の中でつぶやく時間を作ってあげてみてください。

とにかく、聞き手ファースト!!!

………

長くなりました。
残りの解説は、明日やってみたいと思います。

さて、お伝えした間違いの数々…。
自分の呼吸法や、筋肉に気づけば、ほぼ解消できます。

根本原因を知って、正しいポジションで、声をだしてみませんか?

先週募集しました『魅せる声トレ』zoom レッスン8月は、満席となりました。

リアルレッスンご希望の方は、
9月27日に開催決定しました『人を惹きつける3つの魅せ方レッスン』@さいたまで、お待ちしております。

こちらは、残席1です。

鼻声についてはコチラの記事もどうぞ↓


緊張に悩む方は、コチラ↓

スポンサーリンク
レクタングル広告大