オスモカラー、塗り方次第で高級感が出る

オスモカラーを塗ることになった

「あっ、そこ水滴!」
「お盆敷いて!」

ダイニングテーブルを愛するがあまり、めちゃめちゃ注文が多くなる私に、とうとう夫が切れました。

「こんなによく使うとこなのに、なんでこんなに制約が多いんだよ~。だったら オスモを買えばいいじゃないか!」

その言葉を待っていたのよ…というのは冗談ですが、ちょっと高価だったですからね~、踏みとどまっていました。

というわけで、我が家にオスモ到着!速いっ!
早速、ワックスを一度落とします。
除去液は、オスモカラー刷毛専用除去液を使いました。

これの半分くらいの量があると嬉しいんですけれどね…。

ワックスからオスモカラーに変更する時は?

ワックスの着色具合に納得いかない方が、オスモカラーに変更する。
こういう方、いらっしゃるようで、調べている時に、何かと出くわしました。

我が家の場合は
1オスモカラー刷毛除去液でブライワックスを拭き取る
2 240番の紙やすりで全体をサンディング



3粉を拭き取ったらしっかり混ぜたオスモカラーをコテバケで塗りのばす


コテバケは、こちらを使っています↓

4そのまま12時間放置
5スチールウールで擦り、しっかり定着させる。

このような流れでやってみました。
オスモカラーを塗る時は、事前のサンディングが決め手のようです。
すでにワックスの前にサンディングしていましたが、 ワックスをしっかり取るために、もう一度サンディングしました。

色はやや浅くなったものの、スチールウールで定着させたお陰か、木肌を感じられつつ、しっとりしたつやが残る仕上がりになりました。

水滴も大丈夫なのではないかと思います。

こうやって、水滴を垂らすと、ちょっとドキドキ(笑)
弾いていてよかった~!

ワックスと比較すると、作業中の臭いは、圧倒的にオスモカラーの方が穏やかです。
どちらも室温によっては伸びがいいので、少量でも大丈夫。
メンテナンスの頻度から考えると、高価だと感じていたオスモカラーの方が、案外安くなるかも…。

家具に使う材料が高いには、高いなりの理由があることも、今回勉強になりました。
ダイニングテーブルDIY、既製品の3分の1程度で出来上がると書きましたが、メンテナンス用品も含め、トータル2分の1くらいと考えた方がいいですね。
訂正します。

今日一番の収穫は、乾いた天板に水が弾いたこと。
お肌も木肌も水が弾くって素晴らしい!(あくまで個人的な感想です)

スポンサーリンク
レクタングル広告大