ミシン糸収納(スプールスタンド)

手芸用品の収納どうしてる?

s_fullsizerender-1

ミシン糸の収納

凄い量の糸!!!って思いませんか?!私もそう思います。が、結構この風景が気に入っていたりします。
ちょっとやる気が出るような・・・

ミシンで色々雑貨を作ると、その布に合わせた糸を度々買うので、こんな風に増えていきます。
どうせなら、機能的に取り出しやすくしたいなというので、スプールスタンドをDIYしてみました。

(用意する板・普通ミシン糸用)

  • 100均などである板60㎝ 2本
  • 30㎝×4本
  • ミシン糸の穴に通る細い棒適量(一つのミシン糸に8㎝くらい使います)
  • 細めの釘30本(我が家は板の厚さの2倍くらいの長さのコースレッドを用意しました)
  • 木工用ボンド
  • あれば、穴あけドリル(細い棒の径と同じもの)

ご覧の通りの板の長さを活かした作りですが、工夫すべきは、30㎝の板を斜めに釘打ちすること。一番したの部分は、細い棒を刺しても良いし、何も刺さず物置か空洞にしてもかまいません。

続いて、ロックミシン糸の収納です。

(用意する板・ロックミシン糸用)

  • 25×45くらいの合板など1枚
  • 25×10×3くらいの添え板
  • 釘6本程度

%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%bc%e3%83%ab

ミシン糸収納のヒント

ミシン糸を収納するものを探した時に、無印良品、100均、ホームセンターをまわって、色々とヒントを得たのですが、ロックミシン糸の重さに耐えられるようにするには、後ろの支える添え板はかなり厚みがあるほうが良いし、これ以上収納できないものや、継続して使うものは、最下段に無印のポリプロピレンボックスを使いました。

また、糸をしつけするのと同様に、木工もまたボンドで仮止めすると板が動かずくぎ打ちできると思いますので、大工道具が難しい方はその辺の工夫もあるといいですね。

また、木を選ぶときに、ホームセンターの廃材コーナーもオススメです。添え板は、まさにここで出会ったものですが、100均と同じくらいのお値段で小さな丈夫な板が手に入ることもあります。

ボビンは、同じ糸の上にセットでおいていますが、それ以上に多い分は、下のようなケースに入れて保管しています。

スタンドを作るときの注意

糸と糸が隣あって、取り出しにくくならないよう、それぞれのミシン糸とミシン糸の間に、1㎝以上の隙間ができるように棒を立てます。

見せる収納というのでしょうか?テンションの上がる収納として、ミシンスプールをおススメしちゃいましたが、どの色を持っていたか一目でわかるので、ダブることがないのも良いなと思います。

板に色を塗ったり、色鉛筆のケースの並び方のようにミシン糸の色をグラデーションして並べると可愛く見えますね♥

スポンサーリンク
レクタングル広告大