♪迷子の迷子のリモコンさん、あなたのお家はどこですか?

作者日記

タイトル通りでございます

よく家族で、罪のなすりつけあいになりがちなリモコンのゆくえ。

数年かかってたどり着いたのは、「お家をつくること」

これ、本当に出来る方には普通のこと
今までそれが出来ていたなら、悩まないはず💦

…なのですが、一つ問題が…。

そう、「決めた位置がボヤける」こと

部屋の写真を撮ってみる

慣れは怖いです。
家族にとっては、普通の風景なのですが、人がみると結構なアラが目立つ・・・。

そんな時は、引き(広角)で写真を撮る!

ショック…💦(人からは、こう見えているのねーっと我にかえる)
適度な空間がないのは息苦しいはずなのですが、風景として馴染みすぎて、裸眼では、もはや判断できなくなっているんですね…

どこが問題か、客観的にわかったら、まずそこだけを重点的になんとかする!
それが、一番近道だと思います。

リモコンを一箇所にするグッズ

何個もかたちが違う形があるからややこしい!
ならば、一つにまとめたらどうかしら??

色んな会社からマルチリモコンが出ていて、かなり操作を単純化してくれるのですが、私の注目商品はHUIS

 

きちんとおいていても絵になる家電にしてしまおうという心意気が感じられます。

ま、お値段と応相談ですね。。。

とにかく場所を一定にしてみる

新たに買うのをためらわれるならば、やはり置く位置を作るのが良さそう…。

それには、位置を見渡せるような空間が出来ていないと少々難しいかも知れません。

写真を撮ろう!とお話しをしましたが、もし撮った写真を見た時に、違うものが目について困るなら…

リモコンを一度忘れて、その「違うもの」を何とかする方が成功しやすいです。
(経験者語る!)

「定位置を作りましょう」とよく本に書いてあります。

実は私は、以前それが出来ませんでした。それは「それ以外のモノで、定位置が埋もれてしまった」からなんです。

取り囲むように居座るモノは、壁紙だったかのように、見えなくなってしまう(笑)
だから写真を撮ってほしいと思います。

そして、リモコンを使う家族の動きをよ~く見て、場所決定!

我が家は、すべてテレビの下の引き出しに行くことに決定しました。

今のところ、そのルールは守られているから、みんなが分かりやすいのは大事なんだなと実感しています。

自分の部屋の一点を眺める前に、大きな視野で眺める…
うちを片づける早道だなと、片づけを知ってからつくづく思います。

声で人生を変えてみませんか?自分の本物の声を見つけてみませんか?
桐原聡美の「愛を伝える声」をつくるマガジン

声にコンプレックスがある、声が枯れる、緊張する…
「自分の声が嫌いになる」方がたくさんいらっしゃいます。

でも、「自分の本当の声」を知って、受け入れ、トレーニングすれば変わるものなんです。

「声」は「人生を望む方向」へ連れて行ってくれるんです。

そんな声を良くしていくコツを「声」と「文章」両方でお伝えしています。
時には、私の黒歴史にも笑ってください。

作者日記 整理収納
\フォロー/
Sammy craft工房
タイトルとURLをコピーしました