床置きのものに困っているなら

床置きは深刻な敵なのか?

昨年末ルンバを自分へのご褒美に買いました。
そうでなくても掃除をなかなかしたくないのに、先にご褒美にしてしまうところが私らしい(笑)

そのルンバを動かしてみて気になったこと…
「床置きのものを急いで動かさねばならない!」

この話、お片づけにお邪魔するお宅でも、よく聞かれる話しです。
ルンバのために掃除をしてしまうという…

実は、我が家は床置きのもの、ないわけではないのです。
無い方が良いことは、実感しています。
けれど、そうもいかないものも多い…

「動かしたい」という気持ちと「そのまま置きたい」という気持ち…どう決着つける?!

動かせるように工夫する

我が家は、冬になると育てている観葉植物が寒さに弱いので、室内に入れます。
どちらも、そこそこ大きなため、鉢を置いて動かせるキャスターを使っています。
ダイソーにいろいろありました。

そういえば、掃除機の時もこれを自由に動かしていたんだったーーー!

なので、色んなものにキャスターを履かせております。
たとえばコレ↓
加湿空気清浄機

そして、こちらは無印のファイルボックスに履かせるキャスター。
私の家事仕事書類一式が入っております。
マイワークステーション↓

動くものが増えれば、戻す時もラクちん!
ただ、床にキャスターの跡がついちゃうのが嫌な方は、その辺は加減してほしいところです。
我が家は、コルクマットが敷かれた床なので、その辺はあまり心配がないです。

あれやこれやを滑らかに…

あっちこっちにキャスターを発見し、私、意外にキャスター好きなのでは?と(笑)
子供の電車のおもちゃ置き場もキャスター増設。

子供は自分でたっぷり出しておきながら、飽きたら「重い~」って片づけないですからね。

ん?私のことか?親に似ますね(笑)

これで快適に片づけてくれるといいなぁ…。

床置きしたいものとそうでないものの区別

一度床置きを許してしまうと、四角い部屋の四辺が、全て床置きで埋まる…という現象が起きてきます。(これ、片づけられないアルアル!)
その床置きのものの前にさらに床置き…面積は次第に埋まっていく。

いやはや恐ろしい…

そんな時は、一度、写真を撮ってみてください。
絵的にうるさいところだけでも、床置きを無くしていく。

そうやって、床置きしたいものとの区別をしていくと、徐々に空間の良さが感じられると思います。
床置きを無くすために、押し込むのではなく、基本的に減らす方向性で…。

これ、本当に大変だと思います。
今日、1個、明日、1個… 10日で10個!
そんな感じで。

どうしても必要なものは、動かせる工夫で。
そうでもないものは、少しずつ決着をつける。

私がここに工夫を書く時は、大抵苦痛になって失敗して、楽しくなった結果をお知らせしている時でもあり、自分に言い聞かせているときでもあります(笑)

今日もコロコロ・・・・

【現在ご案内中の講座】
メイク・声・写真のプロが結集したコラボレッスン。3つが備わると魅力がワンランクアップします!
残席3となりました。

2019年は片づけ下手から脱却の年にしてみませんか?
1日で資格が取得可能です。
整理の考え方が学べます。

☆整理収納アドバイザー2級認定講座
2019年2月5日(火) 9:30~16:30
埼玉県・浦和にて。詳細は、コチラからどうぞ

スポンサーリンク
レクタングル広告大