リビングに仕事がはかどる【ワークスペース】を作ろう

自宅でスモールオフィスをつくる

最近ぐぐーっと、自宅で起業する人が増えたなと実感します。
そうなると、細々した場所の確保も必要になりますね。

今日は、ちょっとしたDIYを入れた、ワークスペースづくりをしてみます。

このワークスペースを思い立ったものの

✔家事と育児と仕事の切り替えがし辛い
✔リビングがすぐ雑然とする
✔気になるものがたくさんある
✔スペースが確保できない

簡単にいかないのでは?と…。

あれれ?
うちのモノだまり!
使いこなせていないサイドテーブルあり!

ここをワークスペースとして、整理します。

何を一番したい場所かスケッチやメモする

夫と私の共同作業場なので、サイドテーブルで一番やりたい作業を家族会議。

するとですね…

私「まずね、この板の色が嫌だから、ワックスをかけたい」
夫「はい???」
私「♪~♬」
夫「・・・・・」

手作りのテーブルには、オスモカラーのワックスをかけることにしています。
色が何種類かあり、ほかの家具の色に合わせて、使っています。

少量を塗り重ねます。

パイン集成材。実は裏側は、オイルステインを塗って失敗している笑

まずは、汚れを取るために、#240くらいのサンドペーパーでこすります。

刷毛より断然ラクな、コテバケで塗ります。1度塗りの様子。ウフ…

6時間くらい置いて、二度塗り。ちょっと艶が出てきます。乾ききる前に、私はスチールウールで、サンディングし、表面を滑らかにしています。ワオッ!

12時間置いた艶やかな滑らかな表面!これで、水も弾いてくれます。ウットリ!

長く暮らしている家族でも、「言っている意味が分からない!」ということが出てくるので、やる前のディスカッションは、大事ですね。
注:私は、ビジュアルから入る女です。

いよいよレイアウトしていきます。

この時に、ディスカッションしながら、スケッチしたものを参考にしていきます。我が家のメインは、ノートパソコンを2つ置くこと!

なぜワックスをかけたかというと、周りの家具の色にあわせたのと、注文していた引き出しを下に入れたかったから。

長い板は、真ん中がたわみますので、それを防止!

これを支えにしました↓

それで、スッキリとしているように見えたのですが…
実は、モニターを二つ置きたかったんですね。

これは、幅を取りますよね…
夫スペースと、ぶつかる…

そこで登場した秘密兵器?!
縦に置いたことで、首の疲れも良い具合に軽減してくれています。

以前、お医者様が、私に症状を説明するのに、モニターアームを使っていたんです。これいい!

省スペースで格納するし、作業効率抜群です!

上の画面で原稿を見て、下のソフトで音声を編集。仕事ゾーンらしくなった!仕事意欲増します増します!

机の上で使いたいもののみを残して、区別して引き出しをセット。

これで、食事と家族の憩いのダイニングテーブルが、スッキリします!

ダイニングテーブルに何も置きたくない!

皆さんに伺いたいこと…

「寒すぎる部屋」や「暑すぎる部屋」ありますか?

我が家のリビングが乱れてきたのは、「一番温度が快適な部屋だった!」から。

温度って、結構大事なことだと思いませんか?

そのせいで、家族みんなが、こぞってダイニングテーブルを占拠し始めた・・・

そこで、気持ちの切り替え!

並行にただ移動しただけにならないように、その場で区別。

ゴミ袋片手に・・・!

これで、一度何も置かないダイニングテーブルづくり!
気持ちのリセットって大事ですね。

今回のワークスペースづくりで、我が家が気にしたこと

〇作業場所の固定
〇机を有効利用
〇見た目の色数を減らす

ゴミも、かなりでて、スッキリです!

片づけていて、思いました。
私のバランスは、たまーに、無心にワックスかけたりすることで、保たれている!

ワークスペースを作る時、すっきりした顔で、作業に励んでいる自分を想像できたら、大成功!ですね。

暖かい部屋が、もう一つできることも夢です笑

サイドテーブルの脚は、実はこうなっております↓↓ 簡単でビックリなのよ、これが。


ダイニングテーブルを作ったときのこと。最初はワックスで失敗したけれど、今は良い風合いになりました↓

スポンサーリンク
レクタングル広告大