うっかり電車で涙ぐんだ「ワンダー」

人に勧められると不思議と手に取ってしまう本

この間、アドバイザーの先輩が「ワンダー」を読んだという記事を投稿されていました。

前から、本屋で気になっていたのに、買おうとしていなかった本。
猛烈に読みたくなりました。
主人公も息子と同い年だし、読み聞かせられるしな…。

早速、電車の中で読む本にしました。

こんな風に、人に勧められて読むと、自分のジャンルが大きく拡大できる素敵なチャンスですね!

感情の整理に困って号泣したから、電車は失敗だった

主人公オーガストは、息子と同じ10歳の子供。
多くの病気を乗り越えて学校に行く話です。

こういうタイプの物語によくあるのは「泣かせる場面がぜったいある」
作為的なものは苦手ですが、まんまとドはまりしてしまうのよね…。(年齢的に涙腺弱い)

でも、最初にちょっと読み進めたところ、ここに出てくる家族が、冷静で隠し事がなくてカラっとしている。

うん、大丈夫、読めそう。車中にもっていこう。

が、大失敗!
結果的には、うつむいてハンカチ持って、ヨヨヨヨヨ~(-_-;)

この本は、人によって感動する場面は違うと思います。
ネタバレになってしまうので、最小限にとどめようと思いますが…。

人の心の抱える闇みたいなものをどこかで何かのタイミングで、私も常々知ってしまうことがある。
幸か不幸か、それをオブラートに包む術もすでに持ってしまっている。

そのオブラートが何であるか?をオーガストや取り巻く人々から、思い知らされる感じがするのです。
心に刺さる…。

なので、ラストシーンで感動する人もいると思うけれど、心動かされるところが沢山あった本でした。

そんな私のようなヨヨヨ読者をよそに、オーガストのクールな感じ。

ここに本全体のバランスの良さがあったんだなと思います。

映画化決定!2018年6月15日より公開!

息子に読み聞かせていたら、「それ、映画になったんだよなぁ」と遠くから夫の声。
予告編が流れていたそうです。

公式Twitterに、予告動画がありました。

ジュリア・ロバーツが高校生のママ役なのね。若干の感慨…。

困難って何だろう?

ワンダーを読むと、純粋なものをタップリ失った自分にガックリくるし、あの時は大きな困難だったけれど、大したことなかったんだなぁと、図太くなったことにも驚く。

いま口ごたえの多くなった息子に手を焼いているけれど、彼は彼で「困難だらけ」なのかも知れないな、なんて感じたり。
それより、「自分の困難」を家族に押し付けるくらい、要領悪く(考えようによっては要領良い(笑))生きている自分をしばし反省。

ま、何だかんだいって、アチコチで泣いた割に、読後感がどこか爽やかなのは、「困難って何だろう?」を代弁してくれているところがあったんだろうなと思っています。

裏表紙の絵が、なんだか好きです。

スポンサーリンク
レクタングル広告大