古布(ウエス)を作る時間

タオルを最後までリサイクルしたい!

タオルの総入れ替えをしているときに、そういえば…と思い立ったのがウエス(古布)づくり

ウエスは、どんどん雑巾にして処分してよい布です。
夏休みに入った子供の夏のお手伝いを考えていたこともあって、一緒にウエスを作り、雑巾がけのお手伝いを目標にすることになりました。

ごわごわしたタオルも、使い捨てとなれば、あらゆるところに使えます!
ガスレンジ、シンク周り、廊下や壁などの掃除・・・

では、まず、ウエスづくりのコツから…

ほどよい大きさに裂く!

これ、男子をお持ちのお母さんにすっごくお勧めです!
「破壊」魂が燃えるのか、ウリャ~と言いながら、楽しくバンバン裂いてくれますよ!
あ、ストレスの溜まったご家族にも、もちろん最適!

まず三つ折りになっている固いところに、裁ちばさみで切れ目を入れます。

ウリャ~っと手で裂いてください。その時に、タオルが長方形なら、長い方に縦に裂くと、裂きやすいです。

なぜ、手で裂いて!と言うのか?

それは、はさみを使うより、布端のボロボロとしたくずが出にくいからなんです。
あとは、ほどよい大きさに横に裂いて終わりです。

最後までリサイクルすると、「雑巾を洗って干す」必要がなくなって、バンバン使って、バンバン処分できて、実に気持ちがいい!

子供のお手伝いも、「拭いたら、そのまま捨ててもいいよー」と言われると、ラクチンだと錯覚してくれて(笑)何となく続いています。

古布まで使いきれるタオルが販売されている

どうしても、ボロボロとクズが裁断の時に出ます。これが嫌だという方には、その次があるフェイスタオルがおすすめ!

固い部分を好きな箇所で、裁断できるようになっていて、ほつれないという優れものです。

引用:無印良品

でも!

まず今あるタオルが、ウエスに生まれ変わってくれた後に、購入を考えてみてくださいね!
どうしても、便利~って思ってしまうと、先に買いそうになってしまいますよね。

タオルの取り換えサイクルとウエスづくりを同時に!

私にとっては、一枚処分のたびにウエスを作るという行為が、面倒臭く感じます。
そこで、タオルの寿命が全部同時にくるように考えて、購入すれば否応なくウエスが大量にできるし、一度にウリャ~が終わるな!と…。

ズボラ精神から、私の整理収納人生は始まっています。
がゆえに、工程を一つでも減らすことばかり考えてしまいます。
いざやってみると、なかなか合理的で、癖になって楽しいです。
何より、隙間時間にできるこの作業が、かなり頭が空っぽになってよい!(笑)

とっても些細なことを書き残しておりますが、過去の自分がいかに非効率的でご迷惑をかけてきたかという反省もこめて…
皆さんがちょっと楽になることを願って!

いつもお読みいただいて、本当にありがとうございます!

☆タオルにまつわる話については、「とりあえず」のお宝が沢山!のページで書いています。

スポンサーリンク
レクタングル広告大