趣味の道具・材料収納、どうしていますか?

趣味の材料道具、どのように収納しますか?

皆さん既にお気づきのように、このブログを見たらこいつは何者かと、はてなマークがいっぱいつくと思います。

私もよく分からない(笑)
職業は、こう見えて整理収納アドバイザーとナレーターをしています。

ナレーターは原稿などの紙類が多いです。
趣味のDIYや手芸、レザークラフト、音楽鑑賞…などと言い出すと、「材料どうやって片付けてるの?」と必ず聞かれます。(アドバイザーは、モノを持たない人が多いと思われていると感じる)

アドバイザーも色々な方がいて良いと思うのですが、多くのものと共存しながら整理収納を極めようとする、かなり特殊なタイプだと思います(笑)

前置きはこれくらいにして・・・ずばり

「皆さんは趣味の材料道具どのように収納しますか?」

私はこれを自分のテーマのひとつに考えています。
挑み続けるテーマとして、日ごろ発見したちょっとした収納を折りに触れて紹介していきます。

使用目的を限定しない入れ物の使い方

無印良品にメガネケースと書かれた商品があります。
「メガネケース」と書かれてしまうと、メガネをかけない人は買わないのではないか?

そんなことはありません。

ペンケースにしてもいいし、私のようにレザークラフトの道具を入れてもいい。
なかなか便利なんですよ。


これお化粧マニアな方は化粧用のブラシなどを入れても良さそう!
とにかく道具はコンパクトにすると、持ち運びもしやすくて選びやすい。

それから衣装ケース
縫い物をする方はすでに使っているかもしれません。
私は折ってはいけない革を伸ばして入れています。
↓上、革素材、下、布素材。もう一段上に重ねて三段使用しています。(上はスキーウエア)

スキーウエアの使用回数より、レザーの使用回数が少しだけ多い(笑)

絶対洋服入れなきゃいけないなんて誰が決めたんだい??

趣味の物を整理するときの思考

匂いのあるもの以外は、収納場所が少ない我が家、作業道具と別のアイテムが隣り合っていることはよくあります。

趣味がある人が真っ先に考えがちなのは、

収納場所を作ろうとすること
専門の収納道具や収納家具を買おうとすること
専門には専門の良さがありますが、案外普段違う目的で使っているものでも便利なものがたくさんありますよ。

そして最も危険なのは、

まだ材料があるのに新しいものを作りたいと思ってしまうこと
材料を揃えることがめちゃめちゃ楽しいのです。
しかもそれをずらっと並べたい!

旬を過ぎているのだけれど、捨てられない

セカンドハウスがあれば、私も材料でいっぱいにしたい…。
男のロマン?女のロマン?

材料がロット、ダース単位になっている時、 それを全部消化できるかまず考えてみる。

シェアできるか、どこかで売ることができるか?
その上で、購入したらすぐ作業する。

クラフト作家さんは、途中で材料を切らしてしまうことに恐怖を感じるかもしれません。
その場合も、在庫は把握しておいた方が後々収納に困ることはなさそうです。

これ、これまでの私の失敗談を並べてみました。

整理収納アドバイザーという資格を取ってから、趣味のものと向き合う向き合い方が少し変わってきました。

趣味の整理収納に困っている方…
私の失敗のどれかに心当たりありませんか?

趣味と整理収納がうまく合わされば、本当に楽しさも倍増します。

趣味をやめろと言われるより、考え方の角度を変えろと言われるほうが、なんだかちょっと気が楽な気がしませんか?!(笑)
エンジョイ!クリエイト!エンジョイ!ハウスキーピング!

※整理収納講座、ナレーションに関するご依頼は、こちらより承っております↓


内容をご確認の上、チェックを入れてください。

スポンサーリンク
レクタングル広告大