ブライワックスの弱点とメンテナンス

ブライワックス仕上げ天板のテーブルで問題が!

本日も快調に音声入力更新です!

新しいテーブルを作ってから、ちょうど一週間が経ちました。
ブライワックスを使ったものの、新たな問題が…

3度塗りした ワックスが熱で溶けてしまうのです。
元々熱に弱いワックス 天板に使うべきではないという記事も…。あたたたた(泣)

それより何よりブライワックスの特徴である鈍い光沢が、なかなか出ない。
これはもしかしたら塗り方間違いではないのか?

あれこれ調べると、最初に伸ばす時に使うスポンジやたわしが問題だったようです。
私が使ったのは硬めの、目の粗いナイロンスポンジ

ブライワックスは専用のスチールウールたわしが出ています。

ケチった私は その辺にあるナイロンスポンジを使ってしまった…

しかも、三度も塗るので、顔映るんじゃない?ってな感じです。
鈍い光を目指していたのに…。

いい気になってそのまま過ごしていたら、コップの輪染み(( ノД`)シクシク…
初心者は、失敗して成長するのだと言い聞かせているこの頃…

侮るなかれスチールウール

床にワックスを塗るときも錆び落としの時にも活躍するスチールウール。
近くのホームセンターで、床のワックスにも使えると書いてあったのを購入しました。(ブライワックス専用品は置いてなかったです)

これは、長い帯になっていて少しずつハサミで切って使います。
早速輪ジミを消すべく、磨いてみました。

これまで重ね塗りしすぎたワックスが適度に落ちていきます。
その後亀の子束子で磨き、古布で拭き取ります。

なんか、いい感じの鈍いかがやき!
目指している感じです。

このまましばらく使ってみて、次にメンテナンスの機会が来たらオスモカラーにしてみようかなと思っています。

オスモを塗るときは、ブライワックスを全て落とさねばならないので、オスモ刷毛専用除去液を使うといいそうです。

既製品のテーブルは、ウレタン塗装が主流ですね。
最近は好みの家具にオイル塗装をされる方もあるそうですが、プロの家具職人もオスモを使う方が多いとのこと。
すっごい気になる~。でもお高い~

そうはいっても、テーブルをナデナデしていると、自分たちがつくっただけに、かなり愛着が湧いてきます。
やっぱり買うぞ!オスモカラー!

反省点は、よく使うところは、ワックスは選ばねばならないということ。
一方、男前な感じの棚など、飾るところに塗るなら、ブライワックスの色味は最高。
つるっつるの感触が欲しくて、耐水性を求める方は、初めからウレタン塗装をしてもいいかもしれません。

ただウレタン塗装は、剥げた時に全てを削って初めから塗装し直すので、なかなか大変です。
オイルの場合は木が呼吸してくれるのでじんわりと染み込んでくれる。
費用の上でも、どちらを選ぶか悩むところ…。

熱・水・価格・メンテナンス頻度

この辺をいろいろ総合して、考えたいものですね。
オスモカラーが届いたら、オスモの検証記事を書いてみたいと思います。

天板にブライワックスを塗った話はこちら↓

スポンサーリンク
レクタングル広告大