子供のカバンに穴があくのを防ごう

カバンの穴をブロック!

入園、入学…に、大量の布小物を作って、「はい、終わり」

…と思っていました。

いやいやいや、男子!
予想外のところが、破れて帰ってきます。
服、傘、カバン…

この春から6年生。
あと1年なのですが、不本意ながらカバンを作りました。

コンセプトは、「中学でも使う。丈夫。なんなら私が使う」

って、新学期ギリギリですね笑

角を補強するもの

角の補強については、こんなブログを書いたことがありました。

実は、その急所を見事に外して、穴を開けてきた!

悔しいけれど…悔しいけれど…
学童手提げカバンごときに、革を使ってみる。
(貯めておくより、使う方がよい)

悔しいけれど…悔しいけれど…
底鋲まで打ってみる。
(牛革を守りたい一心)

貯めた生地…いや、忘れていた生地で程よいのがあるので、それを使用。

「悔しい」と書いているのは、手荒な使い方をする息子に革の良さなぞ、わかるまい!と思うから。

ひたすら勿体ない。

でも、「長〜く材料ストックしているほうが、ひたすら勿体ない!」と言われたらぐうの音も出ない笑

違いの分かる男になることを期待します。
ま、我が家の事情はともかくも、長く使えることは大事!
そして、そういうデザインでありたい…。

穴を防ぎたいところは、どこでしょうか?

私が、子供の鞄の穴を見て驚いたのは、補強した角の周りが傷むこと。
これ、どうしようもない笑

…ということは、少しでも広く何かで覆う方がいいわけです。

(1)出来るなら、全部革で底を覆う…
(贅沢すぎて、めまいがする)

躊躇するなら、角を包み込む面積を多くする。
なので、上のような形となりました。

ミシンなら、合皮をおススメします。
市販の角あて合革には、縫う時に置く位置を説明するものがありました。

今回は、本革をあて、手縫いしています。

※底びょうを打つなら、手縫いする前に打ってください。手縫い部分があるなら、先に縫ってから立体にミシンしてください。この写真は、手順を変えています。

(2)底板を入れる。
底板は、ハサミで切れるものが販売されていますよ。

そもそも!
底をズルズル引きずって歩くようなことをする可能性もある。

ならば…
(3)底びょうを打つ

ずばり、接地する場所を減らすこと!

もし、補強しないなら、底びょうだけ考えてもいいのではないかと思います。
〇底びょううつなら、ふにゃふにゃしないように、底板を内側に入れることをおススメします。

底びょうを打つときは、打具が必要となりますが、木槌やゴム槌でで平らな金具を上にして、下にタオルを敷いてゆっくり叩いていけば、入ります。

(4)持ち手の長さ・太さを工夫する。
きっと、持ちにくいから地面に置いちゃう、引きずっちゃう。
持つ人の希望に合わせて、長さは慎重に微調整すると良いと思います。

よくあるのは、パンパンにお道具箱を入れていくんだけれど、その箱を入れると持ち手が短すぎ!肩から掛けたい~!なんてこと。

何でもかんでも入れる人ほど、肩掛けになるようにしないとしんどいですね。(私のことだ笑)

それから意外に盲点!持ち手の太さ
当たり前だけれど、広い方が疲れないです。持ちやすさからいうと、細い方が良いけれど、肘に通したり、肩にかける予定なら、太さもチェックですね。

・・・・

布在庫は、一つ減りました!わーいわーい!

色々考えるより、荷物減らせってこと?
はい、仰る通りでございます。

ボディバッグの角を修理した時のはなしはコチラ↓

スポンサーリンク
レクタングル広告大