ストレス解消!シンクごみ受け

キッチンの盲点はここにあった!

実験好きな我が家、新製品も好きですが、気づかなかったところに工夫を凝らすことがとても楽しくなってきました。
これも整理収納を学んだお陰!

前回、三角かごや水切りかごのことを書きました。
そのカゴ撤廃の前に試したこと…

それは、排水口の工夫。
どうやっても流れていくゴミを受け止めつつ、ヌメりなく捨てられる方法とは???

最近は、ディスポーザーつきの住宅もあるので、このような悩みは薄らいでいるのかもしれませんが、梅雨~夏にかけては、キッチンでは臭いは切実な問題となる場所…。

ところで、深いとゴミが沢山たまる…っていうのは、普通ですよね?
じゃ、浅くしたらどう?

そうです、盲点は、深さです。

シンクごみ受けは、詰まり防止の意味もある

「無くせるものなら、なくしたい!」
そう思ったことは、ありませんか?

残念ながら、細かいクズが詰まってしまいます。
そうなった時に莫大な修理費用が必要なのが、水道工事です。

集合住宅では、定期的なメンテナンスが入っている場合が多いですね。
緊急の出張サービスの場合、出張代に軽く10000円くらい請求されることは、よくある話です。
そうなる前の予防に、このカゴがついているわけです!

我が家は、そのカゴがプラスチックで深さがあり、メンテナンス以前に掃除が嫌になる場所でした。
詰まり防止の意味があるとわかっていても、ギリギリまで置いてしまいがち💦

たまに業者メンテナンスが入ると、慌ててお掃除して、いかにも「やっています」なフリをするという体たらく(笑)
そんなスリル満点な毎日とオサラバしたいということで考えました…お掃除を楽にする方法を!

ごみ受けの素材が変われば掃除しやすいんじゃないの?

お弁当箱を考えるとわかりやすいのですが、プラスチックの曲面ってヌメリや油の汚れが残りやすいですね。
ゴミ受けも同じです。
ならば、定期的にハイターなどをすれば良いのですが、そのひと手間が毎日というわけにはいかない…。

できるだけ、洗い流しやすくヌメりにくい素材を調べてみました。
すると、耐久性からいっても、ステンレスがいいのでは?という結論に!

ついでにフタも変えてみました。
実は、正直に告白すると、スプーンを何度か流して一緒に処分した形跡があり・・・💦

これに浅型バスケット専用のネット網をつければ、完璧でございます!
網は、ごく普通のスーパーで購入しています。

一度溜まったくらいのゴミなら、ネットを取ったあと、しっかり洗い流すのも嫌じゃない!

なんで早くこれにしなかったのか!?
犠牲になったカトラリーの皆さま、ごめんなさい!

因みに、この商品は銅製品もあるようですので、お好みで選んでみてはいかがでしょうか?
私の個人的な印象としては、パンチング加工か、編み目がかなり細かいほうがゴミが挟まらずに良いような気がします。

システムキッチンのメーカーによっては、サイズが合わないものがあるので、現在のゴミ受けの大きさをしっかりはかることをお忘れなく!

工夫後のお手入れ

いやぁ、深いか浅いだけで、こんなにお手入れ頻度が上がって、いやにならないなんて!
でも、奥底のお手入れは必要・・・。

私、奥底を買い替えるっていうアイデアはなかったんですが、こんなものが販売されているんですね。

スポンサーリンク
レクタングル広告大