失敗しようじゃないか!「失敗図鑑~すごい人ほどダメだった!~」を読みました

人間は、失敗するもの!

この間、メイカーフェアに行ったお話しを書きました。
そこで出会った研究の数々は、成功系もあれば、成長過程もあり、どれも作る人の想いあふれるものでした。

その熱い息遣いに触れたら、何だかこんな本を読みたくなり、家族みんなで爆笑しながら楽しんでいます。

例えば、「引きこもりだった夏目漱石」の話とか、「不良少年だったベーブ・ルース」の話とか笑

私たちが、この偉人に出会うときは、すでに作品などで成功した後…。
どんな過ごし方をして、どんな失敗を重ねた…または、どんな偶然に恵まれたかなど、伝記を読まないと知らないことも多いですよね。

というか、これってダメダメでしょ~!と笑い出してしまうことが多い人ほど成功しちゃっているという…。

本は、イラストも多く、フリガナもあり、小学生からご老人まで、さっくりニヤニヤ読める作りなのです。
二宮金次郎=ファイナンシャルプランナーだったとか、わかりやすい!

特に、偉人一人一人に起こった失敗の教訓が出てくるのですが、それが現代でも当てはまることが一杯あるなって。
こんなお偉い方でも、失敗があったんだっていう親しみやすさというのでしょうか…。ほっこりします。

図鑑や事典は面白いです

最近、シュール系図鑑が盛況ですよね。

栄枯盛衰、弱肉強食…。いろいろあるけれど、「おすぃ~~~」という声が思わず出てしまいそうな進化の不思議を描いたもの。
こういうコミカルなものから興味を持つなら、事典イケそう!と思わされます。

テレビでも、すでに話題ですね。
私は、テレビ版の声優・山寺宏一さんの突っ込み方に、ついつい耳が傾いてしまうのですけれど、今まで語られてきた日本史を多角的にみるなら、ぜひ!!

山川出版の教科書で必死に暗記した学生時代、こういうのがあったら、絶対読んでたな。
角川のまんが日本の歴史もね…。

なんでネコ?って思っていたけれど、意外と馴染むものですよ。

———-閑話休題———-

今日は、渋谷で、あるナレーション録音の仕事でした。
大いに失敗しろだとか、図鑑は面白いだとか、若干不真面目路線ですが…。

ウィットって大事だなと、ナレーションのたびに思います。
人間の奥深さが言葉に出るなと…。

精進です、日々。

奥深いといえば、山手線に乗っていた時に、小さな女の子(3歳くらい)が、突然

「パパ~~~~、お外みてー。大人の味があるよー。こんな暑い日は、きっと美味しいね」

恵比寿ビールのでーーーっかい看板

お嬢さん、サイコーだよ。
車内が、みんな微笑まざるを得ないじゃないか!

そうね、きっと美味しい。失敗のあとの成功の乾杯は、もっと美味しい。

そのパパさんは、無言でした(笑)

スポンサーリンク
レクタングル広告大