SCRATCHをやってみた!50(最高得点者の一覧を表示する:スクリプトを組む-その2)

前回、ゲーム終了時にハイスコアを出した人たちの一覧を表示する方法を再度考えてみました。
今回は、前々回に引き続き、スクリプトにしていきましょう。

前準備

(1)前回まで作成したスクリプトやスプライトを保存したファイルをダブルクリックして開きます。

(2)「スプライト1」になっていることを確認します。

(3)「スクリプト」になっていることを確認します。

(4)スクロールして「[ゲーム終了▼]を受け取ったとき」のスクリプトを表示します。

“得点一覧”リストから”得点”以下があるか調べる:”リスト位置”の初期設定

(5)「データ」をクリックします。

(6)「[リスト位置▼]を[0]にする」をドラッグして、「[最高得点者▼]を(答え)にする」の下に持っていき、ドロップして「[最高得点者▼]を(答え)にする」と「もし<(得点)>(ハイスコア)>なら」のC型の下側の間に入れます。

(7)「[リスト位置▼]を[0]にする」の”0″を1へ変更します。

“得点一覧”リストから”得点”以下があるか調べる:メインループ

(8)「制御」をクリックします。

(9)「<  >まで繰り返す」をドラッグして、「[リスト位置▼]を[1]にする」の下に持っていき、ドロップして「[リスト位置▼]を[1]にする」と「もし<(得点)>(ハイスコア)>なら」のC型の下側の間に入れます。

(10)「演算」をクリックします。

(11)<< >または< >>をドラッグして、「<  >まで繰り返す」の中に入れてドロップします。

(12)<<  >ではない>をドラッグして、「<< >または< >>>まで繰り返す」の右の< >に入れてドロップします。

(13)<[]>[]>をドラッグして、「<< >または<<  >ではない>>>まで繰り返す」の左の<  >の中に入れて、ドロップします。

(14)<[]>[]>をドラッグして、「<<<[]>[]>>または<< >ではない>>>まで繰り返す」の右の< >の中に入れて、ドロップします。

(15)「データ」をクリックします。

(16)(リスト位置)をドラッグして、「<<<[]>[]>>または<<<[]>[]>>ではない>>>まで繰り返す」の一番左の[]に入れて、ドロップします。

(17)([最高得点者一覧▼]の長さ)をドラッグして、「<<<[リスト位置]>[]>>または<<<[]>[]>>ではない>>>まで繰り返す」の[リスト位置]のすぐ右の[]に入れて、ドロップします。

(18)(得点)をドラッグして、「<<<[リスト位置]>[[最高得点者一覧▼]の長さ]>>または<<<[]>[]>>ではない>>>まで繰り返す」の”または”のすぐ右の[]に入れて、ドロップします。

(19)([1▼]番目[最高得点者一覧▼])をドラッグして、「<<<[リスト位置]>[[最高得点者一覧▼]の長さ]>>または<<<[得点]>[]>>ではない>>>まで繰り返す」の[得点]の右側の[]に入れて、ドロップします。

(20)(リスト位置)をドラッグして、「<<<[リスト位置]>[[最高得点者一覧▼]の長さ]>>または<<<[得点]>[[1▼]番目[最高得点者一覧▼]]>>ではない>>>まで繰り返す」の[1▼]番目[最高得点者一覧▼]の[1▼]の中に入れて、ドロップします。

(21)「<<<[リスト位置]>[[最高得点者一覧▼]の長さ]>>または<<<[得点]>[[リスト位置]番目[最高得点者一覧▼]]>>ではない>>>まで繰り返す」にある<[リスト位置]番目[最高得点者一覧▼]>の[最高得点者一覧▼]の”▼”をクリックしてメニューを出します。

(22)メニューから”得点一覧”をクリックします。

(23)「<<<[リスト位置]>[[最高得点者一覧▼]の長さ]>>または<<<[得点]>[[リスト位置]番目[得点一覧▼]]>>ではない>>>まで繰り返す」になったことを確認します。

(24)「[リスト位置▼]を[1]ずつ変える」をドロップして、「<<<[リスト位置]>[[最高得点者一覧▼]の長さ]>>または<<<[得点]>[[リスト位置]番目[得点一覧▼]]>>ではない>>>まで繰り返す」のC型の中に入れて、ドロップして中に入れます。

とりあえず、”得点”が”得点一覧”にある得点よりも高いか同じかを知らべるところまではできました。
最高得点者一覧に追加するところは次回に作ることにして保存します。

保存する

(25)「ファイル」をクリックして、「名前をつけて保存」をクリックして、適切なファイル名を付けて「OK」ボタンをクリックします。
  (今回は”10歩歩く、跳ね返る、背景、最初に回転は左右、コウモリ追加と動き、同時開始、猫鳴く、BGM、コウモリ小さく、セリフを言う、ちょっと待つ、位置調査、猫とぶ3、ぶつかったら鳴き点つく2、制限時間2、説明4、変数非表示、ゲームを繰り返す3、ハイスコア、開始ランダム2、最高得点者2、リスト2.sb2″としました。)

今回はここまで。
次回をお楽しみに。

☆前回はSCRATCHをやってみた!49でした。
☆次回はSCRATCHをやってみた!51です。

スポンサーリンク
レクタングル広告大