鉄道好きなら行っておきたい関東の博物館

鉄道は博物館で、裏側を知ると面白い!

「あの電車に乗りたい!」「ずっと見たい」

鉄道好きの子供を持つと、駅の入場券(制限時間2時間)をフル活用する方も少なくないかと思います。

そんな親子も大満足な鉄道関係博物館をご紹介したいと思います。

※鉄道に特化した博物館のみをご紹介しています。

地下鉄博物館(ちかはく)

learn_01
出典:地下鉄博物館より

所在地
東京メトロ東西線葛西駅高架下

こちらは、地下鉄のみの博物館。
地下鉄といえば、都心が中心で、通勤に使う方も多いと思います。
運転シミュレーターもあり、地下がどのように掘られ、線路が敷かれてきたか、歴史を知ることができます。

お弁当の持ち込みも出来ますので、引率者もゆっくり休憩できますよ。

地下鉄博物館のページ

東武博物館

imgsave01
出典:東武博物館より

所在地
東武伊勢崎線東向島下車

東武鉄道の歴史的な電車や機関車があります。
実際に走っている東武線の車輪や床下を見ることができる窓があり、迫力満点です。
運転シミュレーターは、日本では珍しいハイビジョン映像です。

東武博物館のページ

原鉄道模型博物館

所在地
JR横浜駅より徒歩5分

個人所有としては、世界有数。原信太郎氏が制作・所蔵した鉄道模型を公開しています。
2012年に開館し、比較的新しい博物館ですが、模型のリアル感が素晴らしく、細部にこだわりが感じられる博物館です。
小さいお子さんには、トーマスが沢山展示されており、プラレールを使って遊べる場所もあるので、横浜散歩の休憩に訪れても良さそうです。※飲食スペースはありません。

原鉄道模型博物館のページ

東京ステーションギャラリー

所在地
東京駅丸の内北口前

どちらかというと、東京駅そのものを紹介したような博物館ギャラリーです。
東京駅が中継点なら、かなり便利なので、ちらりと寄ってみてはいかがでしょうか。
1914年に作られた際の駅舎のレンガが使われれいるところがあり、当時がしのばれます。

普段は、ギャラリーとして企画展示が多いのですが、オープン・ウィークには、親子で参加できそうなワークショップもあります。
またミュージアムショップで、東京駅限定グッズを選ぶのも楽しいです。

東京ステーションギャラリーのページ

鉄道博物館(てっぱく)

dsc_0985

所在地
JR大宮駅よりニューシャトル
鉄道博物館(大成)駅下車、徒歩1分

2018年夏リニューアルを目指して、改修中の鉄道博物館ですが、1日で周り切れるかどうかというくらいの広さです。
レストランやレストスペースが充実しており、ゆっくり楽しめます。
ジオラマ、東北・上越新幹線を目の前で見ながらお弁当を広げられるゾーンや、「牛肉どまんなか」などの名物駅弁などが揃えられ、旅をしたような錯覚。転車台の汽笛は、あまりの音の大きさに小さなお子さんは泣き出すかもしれませんが、とにかく迫力は素晴らしいです。

鉄道博物館のページ

京都には、鉄道博物館、名古屋にはリニア…。博物館も進化を続けています。
鉄道に興味がない付き添いのご家族も、ご当地駅弁や、博物館オリジナルお土産お菓子、ミュージアムショップでの文房具など、乗り物以外の楽しみも結構あります。

かくいう筆者、息子の激しい興味っぷりに少々引き気味で、引率を幼い頃からやってきました。
今では、奥深さに感嘆することもしばしば…。また地図に弱くてもどこかで電車・鉄道が繋がっている安心感を実際の旅でも強く痛感するようになりました。

そして、「ものづくり日本」の素晴らしい技術。
色々な意味で、博物館は侮れない存在です。

皆さまも、ぶらりといかがでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル広告大