見栄え優先?鉢カバーを導入!

珈琲の木の冬越し対策カバーは?

「これ、お客様がいらしたとき、ブサイクじゃない??」
家族からそう言われて、ハッとした珈琲の木の冬越しに間に合わせた段ボール箱。

お洒落段ボールでもないしなぁ・・・

室外の温度が下がる秋以降は、珈琲の木は室内で冬を越します。
おととしは発砲スチロール、昨年は、大きめのプラゴミ箱、今年段ボール・・・

どれも確かに見栄え悪いです。でも冬だけだしなぁ・・・と鉢カバーを使っていませんでした。

段ボールであってもかなり良い仕事をするので、見栄えを言わない方は、オススメです。
でも、そこにカーテンの開閉があり、引っかかっていたという理由があったら、もう変えるしかない💦

・・・ということで、今回は鉢カバーを導入してみました。


引用:ニトリ 鉢カバーカンポL

鉢カバーをすると良いことって?

とにかく足元冷やしちゃダメよ、コーヒーノキは・・・

と言いたいです!

これまでここを放置したために、2回冬越しに失敗しているんです。
こと冬に関しては、底冷え防止に絶対必要だなと思います!

それから、家族がざわついた(笑)見栄えの件。格段にお洒落になります。

そして、土が見えにくいので衛生的に見える。

鉢カバーの新たな使い方としては、スポットライトを仕込めるだとか、コード類の目隠しだとかに出来そう!
何より、インテリア性が高いですよね!

鉢カバーで注意すること

大きさは言うまでもありませんよね…。
鉢は、何号も大きさがあると思いますが、底の直径と、入口の直径は幅が違うことが多いです。
底は入ったのになぁ・・・💦ってことにならないように、よく測ってお求めください。

そして水やり・・・

鉢カバーは、そこがふさがれているので、ジャンジャン水をあげてしまうと、見えないだけに根腐れすることもあります。
できれば、カバーを外して水をあげて、元に戻すのが一番良いと思います。

植物の様子をしっかり観察してあげることが、なにより大切ですよね。

鉢カバーの素材をよく見よう

陶器→倒れにくいが、お掃除の時に移動しにくい
素焼きの陶器→水を通してしまう
繊維生地→水を通してしまう。生地にカビが出てしまう可能性あり。
籐カゴ→水が隙間からでる
プラスチック→経年劣化と色褪せの可能性あり

インテリア性が高い分、弱点を完全に理解しておくことが肝心!

植物って、失敗するから上手く育てられないという方も多いですが、弱点を心得ておけば大丈夫。

さてさて、今年の冬越しも鉢カバーで上手くいくかどうか?!
我が家の秘蔵っ子、コーヒーノキの春を待ちわびています。

スポンサーリンク
レクタングル広告大