年末に買い取り査定~ブックオフ

ブックオフ買い取り値段が気になりますか?


我が家は車に乗らないので、買い取り査定は、もっぱら宅配買い取りを利用しています。

年に1回、年末に近くなったら、本棚をもう一度見渡します。
そうすると「あの時は、貴重だった・・・」という過去系になった本あり。

それを箱にどんどん入れていきます。
私が利用しているのは、ブックオフの宅配買い取り査定。

3年ほど前、大量に本を買い取りに出したとき、ちーんという値段でした。
でも、また買い取りを利用するのは…

①我が家は車を使わないので、運べない
②放っておくと、本が増えすぎる
③自分にとって大事な本の基準の見直し
④処分しようと思っているのだから、値段は気にしないことにしている
⑤自分の性格にやり方があっている

↑こういう理由があるからです。

それでも値段が気になるなら、まずは調べてみませんか?

引っ越しにも役立つ本の梱包方法

予め引っ越し業者さんに、大中小様々な段ボール箱を発注すると思います。

本を詰めるときにやってしまいがちなのは、大きな箱を選んでしまうこと。

これ、実は、業者さん泣かせ。
本は重みがあるので、床おきして作業しているときには気がつかないのですが、ガンガン詰め込んでしまうと、その箱自体を移動することが難しくなります。

①底を十字にガムテープを貼る
②小さめの箱にする

が、引っ越し成功のカギ!
箱の数が増えて、引っ越し料金が加算されちゃうよーっていうくらいなら、本の在庫そのものを見直してみて…。

そして
③寝かせて入れる

紙製品は、運ぶときは寝かせると傷まないで済みます。
隙間ができてしまったら、タオルなど緩衝材を入れて本がグラグラしないようにすると、アクシデントから守れますね。

写真は、上に緩衝材を置いていますが、上は本の高さに段ボールを切ってピッタリにするといいですよ!

本の価値と、自分の中での価値は違う

査定結果が出たら、またブログを書いてみようと思いますが、以前150冊処分をした時の値段は???

その時は、専門書が多かったのですが、
家族は、みんな”専門書だから、高いはず”という思い込み満タン!

620円!チーーーン!

これが適正価格かどうかよりも、思い込みが強すぎたんですよね。
期待のほうが上回ってしまった…。

情報の新しさ、本が出版されてからの知名度など、色んなことが加味されているのですよね、これ…。
冷静に考えればわかることですが、内容にドップリとハマっている当事者は、他人の物差しなど考えない(笑)

ここがダメならメルカリ、オークション、フリマなど、色々考えると思います。
とにかく自分の性格にあっている方法があるなら、どんな手段でもやってみたい。

でも、値段の期待はしない…が、気楽にできるコツですよね

情報を気持ちよく手放していくこと…
これからも課題です。

そうそう、今日、ルンバを買ってしまいました。
調子よく手放した本の査定を考えたら、結構な金額の買い物だけれど
本棚の本の総額を考えたら、ずーっと前にルンバを買えていたかもしれない(笑)

そういうことが、考えられるようになっただけ、一歩成長したと自分を褒めておきます。
ガンバルンバ…(死語?!)

【これからの講座のご案内】
趣味が多すぎて、溢れかえったモノを見て、ある時、「私はどうなってしまうのか?」と大きな不安を抱えてしまいました。
そんなときに、『整理とは習うものだった』と気づかされた講座です。
2019年、片づけ下手から脱却してみませんか?

2019年2月5日 整理収納アドバイザー2級認定講座
浦和にて。

お申込みはコチラから

スポンサーリンク
レクタングル広告大