出しとりパックで、お出し準備

夕食準備が楽になるパック

「徹子の部屋」を観ていたら、料理研究家の大原千鶴さんが出演されていました。
そこで、出しパックをあらかじめ作っておいて、用意してあるんです…というようなお話し。

1回分ずつかつお節と、昆布を出しとりパックに入れて、容器に入れている写真…素晴らしい!

私も、水出しを忘れた時は、パッサーっとどちらも直接入れて、煮出していましたが、それをすくうのが死ぬほど面倒くさい!

「え~い!そのままかつお節、食べちゃえ!」ってなる。

珈琲もこれから水出しにするんだし、良い機会だから出汁とりパックを用意しました。

それを観たら、居ても立っても居られなくて、だしパックセットを作って、水出し生活しています。
すっごい楽!!!なんで、ここに気がつかなかったんだろう???

水出しについてはコチラ↓

火にかける必要もなく、気が向いたときに、このパックを作っておけばいいのだから、何というか本当にズボラ向き!
急に、味噌汁回数が増えている我が家です(笑)

ついでに水出しコーヒーもこの手でいけば、ストレーナーなしで良くないかえ???

水出しコーヒーの記事はコチラ↓

コーヒーも、カルディで水出しのパックを見つけた時に、心動いていたのは確かなのですが、好きな豆がまだあったので、未検証でした。
この夏は、そこらへんの(水出しだと美味しくなるから)珈琲豆を買ってきて、ちょっとこのパックで試してみようと思います。
後日、追記します。

因みに、大原千鶴さんのことが気になって、さらに調べているととっても簡単なタレが出てきました。

早速、水出しの出汁の味噌汁と、大原さんのタレで…。

レパートリーが枯れた時に、よく我が家に出る照り焼き(無理やり丼にしてしまう必殺技)
これは、薄口しょうゆでお上品なお味!!なんにでも使えそうです。

ラクチンラクチン!

何でもひと手間っていうけれど、ほんと手間なし。私向きでした(笑)
本当は、青い南部鉄器写真のようなお洒落なお茶を飲んでみたいのですけれどね。
優雅な時間を手間なしパックで作りたいものです。

スポンサーリンク
レクタングル広告大