初心者のレザークラフト革選び

初心者でもトライしやすい革を選んでみよう

9bc3718b19ffe6add56164168bc352e1_s

最近は、気軽にレザークラフトにトライする方が増えました。

革を選ぶときに、様々な動物の様々な部位に出会いますが、素人筆者が練習でよく使ったり、楽しんでいる革を中心に、選ぶコツなどをお話ししたいと思います。

革の大きさの単位

革屋さんに行くと、まず値札に書いてある〇〇デシ
これは、革の面積を表します。10×10が1デシとなります。

すでに型紙や本をお持ちでしたら、この単位を基準に選んでいくと良いでしょう。

大体成牛1頭の革が、200~300デシですので、いろんなや大きな鞄をつくりたいというのなら、1枚革を探すと、あれこれ使えて裁断もしやすいと思います。

型紙を持って、お店の方と相談すると良いかもしれません。

どんな革が良いの?

これは、広げたときの傷の状態や動物の種類などで、値段もかなり変わります。
広げてみて、背中とお腹の部分がどこに当たるかなどをお店の方に尋ねれば、伸び縮みも、わかると思います。
一般的に、背中より、お腹が伸びやすいです。

革の良し悪しで身近でわかりやすいのは、ランドセルの値段の違いでしょうか?
55e87dc643e625ae0e83cdcd448a2a47_s
コートバン、ヌメ革などに比べて、牛革になると3~4万円安くなるような差が出てきます。

イタリア革など海外の革も値段は高価です。

いきなり値段が高くて、上質なものは勇気がいる場合は、馬、羊、鹿、豚、山羊など柔らかめで、縫い易いものもありますので、実際手に取って、風合いを確かめてみましょう。

逆に縫い易いが、柔らかすぎる場合は、床革やクッション材を貼り、張りを持たせる方法もあります。

どの革も世界に一つだけのオリジナルな風合いです。同じ種類の革を広げているのに、指紋のように様々な模様を見せてくれます。好きな模様やしわを探すのも面白いかもしれません。

保管をするときは?

まず購入して持ち帰るときも、できるだけロール状で持ち帰り、しわが寄らないようにします。
家で裁断まで、保管するときは、革は呼吸するので、湿気の多いとこに置いてカビないように気をつけたいものです。

気に入って選んだ革が厚すぎる場合は、お店で漉いて頂けるが尋ねてみましょう。有料で漉いてくれるお店もあります。

お店でいろんな革に出会うのが上達の道

値段通りの良さを見せてくれる革ですが、使えば使うほど味がでるタイプのもの、薄くてミシンも可能なもの、組み合わせると面白いもの、色や模様が素晴らしいもの・・・本当に奥が深く、面白い世界です。

前回使った革が羊だったから、今度は同じ型紙で牛を使ってみよう・・・など、色んなトライ!!
かく言う筆者は、いまだにヌメ革は好きですが、緊張します(笑)
小さい作品ばかり作ってしまいます。
逆に、牛のヌバックは大好き!!
糸や革が擦れても、自分で修理できるところも、革の良さですよね。

次回は、まだまだ革修行中の筆者が縫い始めたものをもとに、お伝えしたいと思います。

☆同サイトのレザークラフトをはじめてみようでは、お店や参考本も紹介しています。

スポンサーリンク
レクタングル広告大