プチコン3号でプログラム:ポッポマラソンに必要なポッポの数(1)

今更ながらでありますが、このところ、ポケットモンスターGo、通称『ボケGo』にハマっています。
経験値を稼ぐのに、『ポッポマラソン』というのがあると聞きました。

  • 『ポッポ』というモンスターを捕まえて、『ポッポ』とアメを集める。
    アメは3個もらえる。
  • 捕まえた『ポッポ』を”進化”させ、『ピジョン』にすると経験値とアメがもらえる。
    このとき、アメが必要。
    『ポッポ』の”進化”に必要なアメは、12個と他のモンスターに比べて少ない。
  • いらない『ポッポ』や『ピジョン』を博士に送ってアメにする。
    1匹で1個のアメがもらえる。
  • 『しあわせたまご』を使うと、30分間の間、取得する経験値が倍になる。
    この30分の間に、まとめて”進化”させることで経験値を がっつり 稼ぐということのようです。

この『ポッポ』は、あちこちで見つかるので、集めやすいようです。

では、どのくらい『ポッポ』を捕まえて用意しておけばいいのでしょうか。
まず『しあわせたまご』の効果が、30分間という時間の中で、何匹”進化”できるか、を考えてみます。
ざっくり、”進化”に必要な時間(モンスターを選んだり操作する時間も含む)が、1匹30秒(=0.5分)かかるとすると、30 ÷ 0.5 = 60匹が進化できるはずです。

では、60匹を進化させるのに『ポッポ』を何匹捕まえる必要があるのでしょうか。
たぶん計算すれば出てきますが、プログラムで出してみましょう。

  • 条件は、最初に挙げたものを使います。
  • 仕様としては、『ポッポ』が”進化”して『ピジョン』になった数が60匹になった時の、捕まえた『ポッポ』数を最後に出すことにします。

プログラムの流れ(フロー)は、次のようにします。

  • 捕まえる『ポッポ』を1匹ずつ増やしていく。
  • 『ポッポ』がいて、アメの数が『ピジョン』に進化できる数以上なら、『ピジョン』に進化する。
  • アメの数が『ピジョン』に進化できる数未満なら、『ポッポ』を博士に送ってアメにする。
  • 博士に送ったあと、アメの数が『ピジョン』に進化できる数以上なら、『ピジョン』に進化する。
  • 『ピジョン』が60匹になったら終わる。
  • 終わったら、捕まえた『ポッポ』の数を表示する。

なお、デバックも兼ねて、捕まえる『ポッポ』やアメ、『ピジョン』の数を都度表示するようにしておきます。

プログラムにする(コーディング)/保存する

では、これをSmile BASICのプログラムにしてみましょう。

'ポッポマラソン
'サイショ
TUKAMAETAPOPPO=0
POPPO=0
PIJON=0
AME=0
SINKAAME=12
MAXPIJON=60

'メイン
REPEAT
  GOSUB @GETPOPPO
  IF AME >= SINKAAME THEN
    GOSUB @SINKA
  ELSEIF POPPO > 1 THEN
    GOSUB @HAKASE
    IF AME >= SINKAAME THEN
      GOSUB @SINKA
    ENDIF
  ENDIF
  PRINT TUKAMAETAPOPPO,POPPO,AME,PIJON
UNTIL PIJON >= MAXPIJON
PRINT "ピジョン";MAXPIJON;"ヒキニ ヒツヨウナ ポッポ ハ";TUKAMAETAPOPPO;"ヒキ"
END

@GETPOPPO
INC TUKAMAETAPOPPO
INC POPPO
INC AME,3
RETURN

@SINKA
DEC POPPO
INC PIJON
DEC AME,SINKAAME
INC AME
RETURN

@HAKASE
DEC POPPO
INC AME
RETURN

☆一部 プチコンの表示と異なるところがあります。

プログラムが出来たら、”SAVE”コマンドで保存しておきましょう。

動かしてみる

入力はEDITモードにして入力します。
入力が終わったら、DIRECTモードにして実行してみましょう。
プログラムの実行は”RUN”コマンドです。

次回はプログラムの説明をしようと思います。

では今回はここまで。
また次回をお楽しみに。

スポンサーリンク
レクタングル広告大