オイルステインを下地にして

下地があると、どんな風合いになるのか試してみました

先日、BRIWAXを試した話を書きました。

ダイニングテーブルのように、日々使うものは、多少の水分は弾いて欲しい!

そこで、手作りダイニングテーブルの天板に、下地を塗ることに…。
ワックスのノリも良くなるとのこと。

色味確認のために、2×4(SPF材)端材を使いました。

まず、表面をサンドペーパーでならします。
そして、オイルステイン塗布

意外と濃い…💦

さらっとした液体なので、染み込む前に、さーっと塗り、ふき取りました。

続いて、その上からブライワックスを3度塗り。

こりゃ、なかなかのツヤです。
何より驚いたのは、本日の気温25〜26度で、柔らかくなっているワックスが、良い感じに伸びること!
木に引っかかって留まる感じでなく、伸びる〜

本番に塗る予定の板は、ナラの木なので今回のような滑り方をするかどうかは疑問ですが、楽しみになってきました。

サンドペーパーで、天板磨きはする?

マンション暮らしで、DIYの一番のネックは、音…。

本当は、電動のサンダーを使いたい…。
が、いかんせん、あの音がいただけません

なので、地道にサンドペーパーで擦ることにしています。

今回は、集成材を頼んだ時点で、木を合わせた時に研磨されているようです。
180番または、240番で削っているそうなので、届いてすぐに塗装するのも可能とのこと。

ちなみに、写真の端材は、320番で磨きました。
好みで木肌を楽しめます。

既製品に多いのは、ウレタン塗装ではないかと思います。防水にもなり、かなりツルツルとしています。

これがハゲた場合、粗めのサンドペーパーで擦り、塗装し直す方法があります。
でも、天板大きいと、手が疲れるだろうなぁ…。

天板のオモテ面を擦らないが、角は、少し丸みをつけるために、研磨する予定です。

お店によって、その角を丸くするオプションもお願いできるようです。

研磨+オイルステイン+ワックス

この流れでツヤが出てくるようだということがわかりました。

あとは、どれくらいの量がいるか??
実は、裏面までステインの量が足りるか怪しい💦
そこは、塗るまでドキドキです。
お近くの店で確保できるか、確認はしておいた方が良さそうですね。

ステイン、ワックス共に、色見本を探すなら、東急ハンズや、DIY資材が豊富なホームセンターがおススメです。

スポンサーリンク
レクタングル広告大