氷川神社で「御力守り」をいただく

こよなく愛する場所を持っておきたい

昨今は、御朱印ブームもあり、神社を訪れる沢山の方を見かけるようになりました。
気がつくと、昨年4回お参りしていた武蔵一宮氷川神社・・・

そういえば増上寺、日枝神社、明治神宮は3回!

共通して言えるのは、清々しい空気が流れていること、多くの方が参拝されていること、広い境内。

ものすごく信心深いように見えるけれど(笑)、ちょっと休憩しに公園にフラっといくような感覚です。行くときは、日ごろのご報告と感謝を申し上げに行きます。

中でも、近所にある氷川神社には、いろいろ報告をしています。
四季の移り変りを楽しんだり、自由な空想にふけったり、無になったり…。

昨日は、朱塗りのたいこ橋の下は氷が張っていました💦こんなにキンキンに冷えた境内は初めてです。私、この日は道中のバスに、suicaを忘れるという大失態!心もキンキンに冷えておりまして…。

寺社仏閣がこんなに落ち着くと感じるようになったのは、オトナになってから。
オトナになってみたら、何で、もっとこの良さに気づかなかったのだろう?と思います。

大事な決意や仕事、モヤモヤした悩みをどーんと受け止めてくれる懐深い愛すべき場所を持つって、いいなぁとつくづく感じます。私も、大失態から次第に落ち着きを取り戻せました。

氷川神社の魅力

「御利益を頂きたいなら、感謝の気持ちを持って、一心に自分の行いを改めなさい」

何かの書物で見た言葉です。

い、い、痛い・・・💦

大抵、最初の御参りの興味は、ご利益ではないでしょうか?

私は不純な動機があったとしても、良いキッカケだと考えています。
後で寺社仏閣に対する接し方が変わったり、理解が深まればヨシ!

そんな気分で参っています。

さて、氷川神社の御利益
全国数ある氷川神社の総本山で二千四百年前からあるといわれる、由緒正しき神社です。
全国一長い2キロにわたる参道も素敵です。

ご祭神
須佐之男命(すさのおのみこと)→心願成就・恋愛成就
稲田姫命(いなだひめのみこと)→恋愛成就
大己貴命(おおなむちのみこと)→金運・商売繁盛

須佐之男命は、古事記の伊弉諾尊の息子です。
そして、稲田姫命は須佐之男命の奥様。
大己貴命は、大国主命の別称と言われていて、神仏習合の際に、大黒天と習合された神様。

こうしてみると、かなりパワーのある神様が祀られていることが分かります。

おみくじには、本殿はもちろんのこと、その方に合った境内の摂社・末社の神様をお参りされるような文言が書かれているので、境内の自然の魅力をじっくり味わうことができますよ。

因みに、昨日のおみくじに”失せ物現る”と出て、無事にスイカも戻りました。ホッ♡

御力守りを頂きました

これまで、多くの御守りを頂いてきた氷川神社ですが、2018年に初めて拝見したのが、御力守りです。

桐の箱に納められ、御神木が入った御守りです。(数量限定だそうです)
ちょっと、三峯神社の白い氣守りに似てる!

地元の方に愛されるカフェも参道にあり!

氷川神社が好きなのは、参道の美味しいカフェやグルメもあるからでしょうか💦
12月10日の酉の市も楽しいのですが、昔からある氷川だんごやせんべい屋さん・・・
そして、一の鳥居から続く参道沿いにある熊谷珈琲やランチに素敵なお店!

何だかんだいって、それが一番楽しいから参拝散歩がやめられないんだなと思います。

お伊勢参りが一大レジャーだったという話を聞くと、この氷川参道もそうだったのかなぁと想像せずにはいられません。
新しいパワー注入で、元気になりました!

スポンサーリンク
レクタングル広告大