私、水切りカゴをやめています!

水切りカゴって必要なの?

一人暮らしから始まって、キッチンを使って、もう何年も経ちます。
信じて疑うことがなかった水切りカゴと三角コーナーの存在…。

実は、ひょんなことから、三角コーナーがなくなって、早10年。
そして、水切りカゴに関しては、紆余曲折を経て、やめて1年くらいになります。

ミニマリストでもなんでもない私ですが、この2つがないことの快適さをかなり実感しています!

三角コーナーの立場

三角コーナーがなくなったのは、本当に些細なことでした。
ヌメリが嫌になったことと、排水口で受け止められると思ったこと…。
それから、引っ越した先の生ごみ回収日。

そうなってしまうと、三角コーナーの立場は、かなーり弱い!
たまにしか使わなくなるのです。
すぐ捨てれば、溜めないし…。

そもそも、なんでヌメるまで置いていたのか???
「そこに三角コーナーがあったから」としか言いようがないんですよね(笑)

三角コーナーを使っている方でも、清潔にお過ごしの方は一杯いらっしゃいます。
私は、「台所を担当するようになったら、三角コーナー買うべし」という概念が植わっていたので、キッチン用品を見る時の候補に必ず入っていました。
今、どうしてそう思ったのか謎です。

つまり、ズボラであればあるほど、三角コーナー不要!と言い切ってしまった💦

単純に、シンクが広くなって、掃除しやすいというメリットが一番大きいです!

水切りカゴの立場

これは、相当に悩んだアイテムでして、なくすまでは「大変便利です~!」と思っていたのです。が、なくなってみても、全然不便でないことに気がついたので、この記事を書くキッカケとなりました。

実は、我が家のシンク上の材料を切ったり混ぜたりする場所が狭い!
なのに、中途半端にカゴが邪魔をしていました。
(ワークトップ(シンク上の作業場所)が広い方は、ココはスルー)

せっかく洗ったものが、材料で汚れてしまったり、手があたったり、洗剤が散って、洗いなおしたり…。
そこで、水切りカゴはシンクにセットする形のものにして、反対側に備えて数年。

カゴの下の部分が掃除出来づらいことを薄々感じる、モヤモヤ感を抱え…

え~い!やめてしまえ~!

ん?姉さん、洗った食器はどうなるんじゃ?
そうなんです、そう思うから水切りカゴも手放せずにいたんです。

我が家には、食洗機もある!
ちょっと洗いのものも水切りとして割り切ればカゴは要らないのです。

でも、ちょっとは野菜やザルを置くところが必要ではないの???
というわけで、こんなものを用意しました。

この上で、湯切りすることもあるし、食洗機に向かない食器を洗って乾かすこともあります。
野菜を洗って、ちょっと置いても便利!
そして、用が済んだら、シンク下にくるくる巻いて納めているのです。

あ~なんてスッキリなんだ~!

燃えるシンク掃除

なーんにもシンクになくなると気になるのが、シンクの曇り汚れ!
見えていても気にならなかったこれまでは、何だったんだ?

あ、片づけられない人アルアルですが、洗剤が好きな方が多いです。
何度かお客様のところにお邪魔すると、片づけたい!と切実に思って依頼される方であればあるほど、洗剤にも詳しかったりします。

ご他聞に漏れず、私もそうです(笑)
使いこなせていない特殊洗剤が一杯あったりして…。

今度こそ、出番です。
入念に、シンク磨きの方法を調べました。
すると、日常の水垢に加えて、経年劣化による傷が深い。
この傷の修復、プロを呼ぶだけで相当な金額になるそうで。

私、燃えましたよ。自分でできないのかって。

で、もともとDIYで使っている耐水やすりの600・800・1500・
4000・10000番の5種類と、ステンレス研磨剤を出してきました。
※数字が大きくなるほど、目が細かいヤスリになります。

アートクレイシルバーで使っていた超ミクロなヤスリ(3Mから出ています)も使えそう!(アートクレイシルバーは、純銀粘土を釜で焼いて、ヤスリで磨いてシルバーアクセサリーなどを作るものです)
それにしても、DIYの道具が掃除に役に立つなんて驚きです(笑)
そして、電動ドリル。

その結果たるやいかに?!?

水切りかごなしは、結果正解!

水切りカゴの話をしていたのに、燃えた私ときたら、すっかりシンク磨きに場面がうつってしまっておりました💦

結果からいうと、こんなにストレスがないなら、水切りカゴはいらなーい!

です。

世の中便利なグッズに囲まれていて、それを試してみたいという好奇心も捨てきれません。

「あったらとても便利」「なくても暮らしていける」は、実は紙一重かもしれないですね。

あるご家庭に、お片づけで入った時に言われた言葉が忘れられません。

「物が作られてきた苦労とか、工程を見ちゃっているから、捨てられないのよね~」

その方は、モノづくり工場工程を見る機会が多かったのだそうです。

モノの付き合い方はそれぞれだなと思わされた一瞬です。

「捨てなくてはならない」をいったん取っ払う→しっかり吟味して、使ってあげる機会を増やす→それが本当に便利だったか、そうでなかったかが見えやすくなる…

さんざん使って納得してのお別れならば、あり!と我が家では結論がでました。

燃えるシンク磨きの話は、排水カゴのこととともに次の機会に書きたいと思います(え?まだ続くのか?!(笑))

スポンサーリンク
レクタングル広告大