ナレーターが免疫力を高めるためにやっていること3選

私が免疫力を高めるためにやっている3つのこと

季節の変わり目は、何かと体調が不安定になりがちですね。
そのような時に限って、仕事が忙しくて、自分に構っていられないということはありませんか?

本番に必ず声を出さねばならず、何度もピンチを乗り切ってきた経験から、今日は、試して良いなと思った解決法3つをお伝えしたいと思います。
一緒に、元気に新しい季節を迎えませんか?!

喉を洗う

ものすごく真っ当な話ですが、いろんなホコリや菌にさらされたままの口内は、唾液の分泌がうまくいけば、流れる…。

が、乾燥すると、そうはいかないですね。

私は、お風呂でシャワーをする時、口をあーっと開けて、シャワーを直接当てます。

少々荒っぽいんですが、流される気分。

で、コレ、私だけかなぁと思っていたら、ドラゴンボール声優の野沢雅子さんもなさっていたそうなんです。

うん、続けよう笑

特に口が無防備になる寝る前の入浴は、やっても良いのでは?と思っています。

その日の汚れを落とす感じですね。

生姜シロップを作る

身体を温めることを念頭におくと、「温まる食材」に目が行きます。

こちらも、長年やっているのですが、紅茶に入れたり、ジンジャーエールを作ったり、生姜焼きや唐揚げのつけダレ的な使い方だったり、いろいろ…。

詳しい作り方は、こちら↓

やはり、手足の温まり方が違いますね。

ぜひ、心身ともに、ポッカポカになってください!

アナログ温湿度計で湿度を管理

私が、ここ数年強くやって良かったと実感しているのは、「身体を呼び覚ます」こと。

それには、周りの環境設定にも気を配った方が良さそうです。

特に、湿度の管理は、喉のケアに必要なので、なるべく加湿器の湿度表示だけではなく、湿度計でも正しい湿度を見たいと思っています。

デジタル温湿度計をもっていますが、個人的には、アナログを購入してよかったなと実感!
学校の理科室にありそうな感じ。

大体55~60%を目指すように、湿度を保っています。
子どもも年配の方も見やすい表示ですよ!我が家は、↓を使っています。


これを見ると、「食中毒になるゾーン」「風邪注意ゾーン」など色分けされています。
危険ゾーンかどうかが、一目で読み取れるので、少々乾燥しているなと分かったら、洗濯を室内に干したりして、調節しています。

声がキチンと届くのは、精神的にも肉体的にも、それをキープできる環境管理が大事だってことですね。

本日のまとめ

✔︎喉を洗う

✔︎生姜シロップを作る(身体を温める)

✔︎アナログ温湿度計で湿度管理

実は、このほかに、ヨーグルトメーカーでR-1を増殖したり笑、呼吸法を変えてみたり、ゲラゲラ笑う映画を観たり、いろいろな人体実験を続行中です。

基本、苦痛なことはやらない。手放す。

なんだかんだ言って、これが一番大事なのではないかなと感じています。

喉が乾燥しなくなっていく舌のトレーニングの動画をプレゼントしています。
良かったらどうぞ↓


映画を見て、前向きになろう!!↓

スポンサーリンク
レクタングル広告大