思い出品の整理って難しいですね

思い出品どうやって保管していますか?

私が、整理収納アドバイザーになってから、最も質問を受けている内容です。
他人の思い出品ならバッサリ、アドバイザーが判断してくれると思われがちです。

他人だからこそ難しい…それが真実です。

そんなこんなの片づけライフの中で、凄い量のものが出てきました。

仕事の同録などなどのカセットテープの山と映画パンフレットの山です。
夫は、自作パソコンの数々…。

「どうやって保管していますか?」の質問には、「どうやって処分していますか?」も含まれていることが多いです。
思い出品といっても、収納には限界があります。

私の場合は、先ほどのカセットテープが、無造作に段ボール箱に詰められ、納戸の奥底にあったので、保存状態はいいとは言えません。
でも、劣化する前に何とかしたいと思いました。
とにかく場所を取っている!

そこで、まず数を把握することで現状と向き合うことから始めてみました。

古いメディアの保存方法

若かりし頃に聴いた音楽を再び聴きたいけれど…
そんな場合は、まず再生機があるかどうかが問題となります。すでに機械が無いのに取っておくとなると、今後二度と聴かない可能性は大ですよね。

我が家の大量のカセットテープの場合は、二度とないラジオ番組の同録だったため、カセットデッキを繋いで、デジタル化することにしました。

そこで登場したのが、↓コレ

メリットは、パソコンに圧縮して、保存でき、場所を取らない。デメリットは2時間なら2時間聞き続けて(我が家の場合は、ほぼ放置してキッチンタイマーで我にかえる(笑))停止ボタンを押すという作業が必要となることです。

パソコンが無い、面倒臭いという方には、SDカードに入れるという商品もありました。

再生をしてみると、当時はとても心が動いたはずなのですが、「もういいや」と思えた瞬間がありました。あれだけ一喜一憂した放送なのに…

不思議なもので、「生きてきた証(あかし)」だからと頑なに守っていた鎖というか牙城というか気持ちそのものが既に満たされて、整理している最中に、気持ちのゴールを迎えたのです。

これまで聴かなかった自分は何だったのかな?と感じます。

案外、取り掛かるまでに見えない壁を作っていたのかもしれません。

モノと向き合ったから見えるもの

箱に入っている間は、大事なテープでした、本当に(笑)
箱から出して解放してみたら、気持ちも解放されていきました。

何だか一種のセラピーに通ったかのような爽快な気持ちです。
見ないふりをしていたら、始まりも終わりもなかった!!!

置き場所が、小さくなった時、悩みも小さくなった!!

そう、モノが減るキッカケが出来たことに、喜びを感じたのです。

それがなぜ自分にとって大事なのか?
向き合う時間をたっぷりとったからこその思いです。

向き合う時に、「家族にとって」と考える前に「自分にとって」価値があるかどうかを、まず優先することで悩みはシンプルになります。

思い出品の処分が難しいなら

今回、自分がトライしてみて、本当に難しいなと思ったのは、「今後、それを眺める時があるだろうか?」と自分に問いかけた瞬間です。

でも、無理をしなくてもいい。

何が何でも手放さなくてはならない!!!!と苦しむ必要はないと思います。
素晴らしいコレクションなら、きちんと活用していらっしゃる方に活かして頂く方法もあるかも知れません。

写真に撮る・スキャナーでとる・資料寄付…探してみれば難しいようでいて、活用方法が沢山ありますね。

思い出品の保管が難しいのは、向き合うのが難しいなと億劫になっている部分が大きいのかもしれません。

かけがえのない素晴らしい思い出を大事にする気持ちの重みは人それぞれです。自分にとって、一番良い選択ができることを大事にしていきたいものですね。

あ、でも収納場所の限界を忘れず、見直し期限は設けて‥‥!

こうやって、今も、私の気持ちの整理は続いています(笑)

スポンサーリンク
レクタングル広告大