Amazonを使う方は便利【その本、図書館にあります。】がかなり優秀です!

あなたは、【図書館】【購入】どっち?

新年度、新しい知識が欲しい、学年が変わったら要らなくなった…など本棚を見て本を選ぶ機会があると思います。

そこで悩むのは、「買うほどの本か?」と購入をためらう場合と、「図書館にやっぱりなかった」と急いで本屋に向かうかどうか。

事前に、住んでいる地域の図書館のサイトでなるべく探すようにしています。

ところが…

Amazonなどをちょいと覗くと・・・・

「あなたが関心をもっている本に近い本です」的な本がズラーっと並び、徘徊してしまう。
挙句の果ては、当初考えていた本と違う本をポチっ笑

買ったからには読むけれど…買うほどでも無かったという失敗も…。
そんなこんなで、我が家では、Google chromeの拡張機能アプリを入れています。

それで、【図書館】【購入】最終ジャッジに役立ています。

本を買おうか迷うのジャッジ【その本、図書館にあります。】アプリがすごい!

その名の通りのアプリなのですが、流れはこんな感じ↓

Amazonで本を探す→登録している図書館に在庫がある→「その本、〇〇図書館にあります」とメッセージが出る

考えた人、天才!!
わざわざ図書館から調べるのでなく、Amazonから検索しちゃう笑

中身がとにかく見たい人にとっては、図書館はとても便利!
今すぐ手元に置いて読みたい人には、Amazonは早い!

それぞれ、利点がありますよね。
もし、そのどちらかで悩むときは、一旦調べるために、この拡張機能を使ってみてはいかがでしょうか?

因みに、「その本、図書館にあります」とメッセージが出たとき、
「おーーー、地元図書館、やるじゃーん!」と変な愛着が湧きます笑

図書館の登録は、2館できます。
私が住んでいる地域では、大学図書館も2館登録可能でしたので、便利だなと思いました。
(一般の方が閲覧できる図書館かどうか、ご確認ください)

図書館で予約することもできる

図書館にあります…が分かっても、図書館予約が可能か??

では、2019年本屋大賞になった瀬尾まいこさんの『そしてバトンは渡された』をAmazon検索してみます。

いやはや、さすが本屋大賞!全部貸し出し中。
貸し出し順位をみて、待てないなら「購入」

…というのが私の中でのルールです。

ただ…

「迷うくらいなら買いなよ」…という悪魔の囁きを通り越しちゃう場合があります。

意気込み過ぎて「4月号」ばかりが並んだ「テレビ講座」「ラジオ講座」(なんちゃらラーニングとかなんちゃら速読とかのサンプルCDとか、美文字のなんちゃらでボールペン貰うとか)

春って、何かと危険なのです、私には…。(やる気は超一流)
それで、【その本、図書館にあります。】大活用!
今のところ、我が家の本の冊数は、一定に保たれています笑

アプリも面白いものがたくさんありますね。
こんな記事もあります。

いっそ、本屋に泊まる手もあるんです。

スポンサーリンク
レクタングル広告大