魔法のレンズを使いこなしたい~単焦点を使ってみた

一眼レフの交換レンズを使いこなしているかい?

私の今年の目標の一つに、「カメラをもっと使いこなしたい」というのがありました。
そんなに撮っていない癖に、レンズが欲しくなるという一眼レフの魔力…。

いやぁ~、カメラは奥が深い!

私のようなド素人は、明るくて軽い単焦点(50㎜くらい)を一本追加してみることからやってみてはどうだろう?と写真が趣味の友人のレクチャーで、大型量販店へ…。

う~ん、目がチカチカ…

報道陣か??っていう望遠とかみたら、もう別世界。
間違いなくヤバい世界に足を踏み入れようとしている気配…姉さん、そこは違いますよーーーー。

メーカー別にレンズを見てみる

50㎜で、明るい交換レンズは、数あるレンズの中でも比較的手が出やすい値段です。

Nikon、cannon、Sonyなど、各社の50㎜はつぎのような感じ。
〇ニコン

〇キャノン

〇ソニー

買うと、フードとレンズポーチがついてきました。
各社ほぼ同等のものをご紹介しましたが、機種によって対応レンズが変わってきます。お確かめください。

どんなレンズか迷ったら、何を撮りたいか伝えよう

単焦点を買うときに、ネックになったのは、「人」が主体か「もの」が主体か??

ざっくりいうと、近寄って撮りたいかそうでないか?!

店員さんも、この両方の希望を伝えると、「う~ん」と悩んでいました。
一応、その中間を満たすということでは、このレンズをお勧めいただきました。

うん、焦点もすっと決まって気持ちいい!!!

店員「結局は、お客様の好みですね」

そりゃそうですね(笑)

そこで、物を選ぶときに大事な観点!
「一生ものは、慎重に選ぼう」

撮りたいものの回数で、消去法。
結論は、子供が小さいうちは、「人を撮る」ーで、50㎜。

メーカーのベストを着た店員さんに、「一番撮りたいもの」とか「仕上がり具合(背景をガッツリぼかしたいなど)」を具体的にお伝えすると、好みのレンズが早く見つかります。
楽しみがまた増えました。

ところで、魔法のレンズを使いこなす前に、実は最近、撮られる修行をしています(笑)

事務所に所属していたころ、定期的に出る事務所のプロフィールパンフの写真撮り…、恐怖でした。
モデルばりのタレントさんと同列で掲載される、そのパンフの写真を撮る…。

プロのメイクアップアーティストにメイクしてもらうことも、おっかなびっくり。
わずかな時間で、カメラマンもメイクさんも、結果を出そうと頑張ってくれます。
当の本人といえば、緊張のあまり不本意なままで提出締め切りに追われてしまう…。

10月に開催したスキルアップレッスンでご一緒した、フォトグラファー前場美穂さん
次々と撮られる方の笑顔を引き出して、明るく楽しい写真をどんどん撮っていく!

その時に知りました、撮られ方というものがあるんだなと…。
緊張の一瞬が撮られてしまって、どうにもならなかったのには、理由がちゃんとありました。
カメラの前に立つこともトレーニングだなって思う…。美穂さんに早く出会っておきたかった(笑)
いつも、緊張を解きほぐしていただいて、ようやく人間写真が撮れております(笑)

1月30日開催のレッスンも、定員があと、4名となりました。
ヴォイスで顔と体の筋肉をほぐし(桐原)、柔らかい表情を引き出すメイクでベースからワンアップ(内山久美子講師)。その一番の表情をフォトセッションでとらえてもらう(前場美穂講師)という欲張り企画です。

お申込みは、コチラからです↓

スポンサーリンク
レクタングル広告大