ハンガーを性格に合わせるって大事!

性格に合わないハンガーの行方


我が家は、何だかんだで数種類のハンガーを使い分けています。

◯洗濯ちょっと干しで、足りない時用
◯ズボン用
◯クローゼット用
◯コート用

これは、性格…。
私がする家事の中で「畳む」優先順位が一番低いから、干した洗濯そのままハンガー収納に変更しちゃったからです。

そのため、色んなハンガーを試しました…。

そして納得して楽しく選んだハンガーが、MAWAハンガー。家族もマワを納得して使っている…はず…でした…

MAWAを選んだ結果、次点に回ったクリーニングでもらうハンガーは、ちょこっと洗濯に数本残した以外は、色が気になり(ココも、私の性格)、クリーニング屋にリサイクルをお願いしました。

ここまでは、「私の性格に合わないハンガー」の話。
うん、ここまでは良かった…。ここまでは…

強度の問題ではないハンガーのこと

息子は、ジュニア用のMAWAを使っていました。
服のサイズがやや大きくなったので、MAWAそっくりのニトリのハンガーにチェンジ!
こちらも滑らないので、ジュニアと、混在中。

ある日、ニトリハンガーが少々曲がっていることに気づきました。

ま、そんなもんよね…。

ですが、、、MAWAも、ちょっと狭くなっているような?

今朝…

見てはならないものを見てしまいました。

息子が、オゥっと言いながら、膝でムンギュっとMAWAハンガーを曲げて、服を外しているところを…

Noooooo!!!!!!!
ヌォぉーーーー!!!

息子の性格は、私以上に面倒くさがり屋。思い出したときは既に時遅し…

丁寧に扱うという言葉や値段、強度をスルーして、マワとニトリ滑らないハンガーは、彼の性格に合わなかった!

失意のなか、削ぎ家事研究室・大塚さんの記事を思い出しました。

おぉ、コレだコレ!
早速TAYAハンガーを即買い!
削ぎ家事研究室長、ありがとうございました。

これなら、曲がらないでしょう。
いや、普通曲げないでしょう、膝で。

家族の性格まで観察するとストレスは減る


家事に不満が出てくる時、結構家族のことが多い。
そんな時は、大抵「自分の感覚は、家族に受け入れられている」と思い込んでいることが多いです、私の場合…。
家族みんなが、そっくりな性格で丸く収まっている話も、そう聞かないですね(笑)

ならば、私の感覚を一旦、止めないといけない…。

「ハンガー曲げないで欲しい」と思ったら、曲がりにくいハンガーか、掛けやすいハンガーに変えてみたり。

相手を考え、性格観察したら、もっとストレスは減り、楽に家事がこなせる近道になるんですよね…。曲がった可哀そうなハンガー見ながら思いました(笑)
良い子は、マネしないでねー!

ハンガーのことを書いている記事はコチラ↓



スポンサーリンク
レクタングル広告大