古いジーンズで、ガーデニングエプロン

ジーンズをリメイクする

赤裸々告白。
色褪せたから、捨てた…と言いたいところですが、サイズアウト。

ウエストは大丈夫だけれど、そのほかがねーってことで、処分することになっていたジーンズ。

じーっと眺めていて、閃きました。

エプロンになるやん!

お片づけ作業に伺う時に、ドラえもんのポケットみたいに、何でもかんでも小道具を身につけていますが、それにつかえそうなんです!

幸いウエストは大丈夫だから…⇒まだこだわってるけれど、大事なポイント(笑)

ジーンズリメイクエプロンの作り方

では、早速裁断!
リメイクは、簡単が一番!
ザクっザクっザク…
気になっても後から整えますので、とりあえず、ショートパンツにしちゃいます。

次に、ファスナーのところをパックリ取ってしまう。

端を三つ折りなどして、ミシンで押さえます。(切りっぱなしでももちろん問題ありません。場合によっては、ピンキングばさみなどで、ほつれ止めしてください。)

モノを収納したら、こうなった

お片づけ現場でよく使うお道具は、様々あります。
文房具が多いです。

この文房具、一般の会社のミーティングや、講演会の受付をされるときなども、重宝します。
私もワークショップで使っています。

これまでは、こちらを使っていました↓

これもかなり優秀で、ウエストさえ合えば、男女問わずどんな方にもお使いいただけると思います。

今回は、ガーデニングエプロンという名前で、リメイクしましたが、使い道はいろいろありそうですね。
普段のエプロンの上から、さらに重ねたとしても、丈が短いので、あまり邪魔になりません。

ウエストはバッチリ合う方は、ホールド感が最高!
もし、ウエストが残念で、ジーンズを廃棄しようと思っている方は、自分がお持ちのベルトにこれを通して使えます。

何より、汚れたら遠慮なく洗濯できる!
お子さんのクッキングやお絵かきにも是非ご利用ください!

「買った時は高かったのよこのジーンズ」
「 まだ履けると思ったんだけどな」

などと考えながら処分する敗北感…。

いや、 無理やりねじ込んで履くほうが、世間的には敗北よね(苦笑)
生まれ変わって何より!
気がついたら、ワークショップを始めて6月で1年が経ちました。お片づけ作業も1年ちょっと。こんなエプロンをつける時が来るとは思わなかったなぁ…と勝手に感慨にふけっています。

ダイエットもがんばろー!

これをエプロンにぶら下げています↓

整理収納・ナレーションに関するお問い合わせはこちらにお願いします。


内容をご確認の上、チェックを入れてください。

スポンサーリンク
レクタングル広告大