「がんばらない家事」を読みました

「がんばらない家事」を読みました

先日、ふきん洗濯やめたという話しをしました。


大塚さんは、随分前からやめていたんですね。

整理収納アドバイザーの先輩・大塚奈緒さんが著書発売。
ブログの文章がいつも的確で、タメになる!
お話を伺っていても楽しい方で、本を心待ちにしていました。

もうタイトル、私のためにあるものだなと…。
世の中に、より美しくキープするための本は、たくさん出回っています。

「頑張りたいな」と思わされる本ばかり。
でも、よく、挫折しちゃう。

この本は、「え?それで良かったんだ」という安心感がすごくします。
端々に漂うニヤっと感も素敵!

するっと落ちる洗剤の話など、熟読です。それから、これは試していただきたい捨てるルールがわかる章があるのが、有難い!

何に頑張りたいのか

家事を何で頑張りたいのか、途中で分からなくなる。私の日常はこんなことがしばしば。
恐らく、誰かに認めてもらいたいだとか、別の目的がある。
そんなにやっても、案外「頑張ったねぇ」なんて誰もいってくれないものです。

だったら、とっととラクになった方がいい。

苦手な人は、どこに手を抜いていいか、分からない。
その前に、それだけ頑張る必要があるのか、立ち止まって考えると、ちょっと馬鹿らしくなってふて寝。
頑張る自分の姿が燃えどころになっている人が多いような(片づけに限らず)気がしていていました。

自分に気づくってことが、大切なんですね。

がんばらないの本質

家事をどうしようもなくやらなければいけない状況に置かれることもあると思います。

だからある程度は、やれるようになる。私の場合は、要領悪いことも自覚しているから、アドバイザーの資格は、それを見える化するのに必要でした。

大塚さんは、もともと家事もインテリアもセンス良い方。そんな方がこんなに(と言ったら語弊があるけれど)上手く手を抜いていらっしゃる。

丁寧な暮らしをする、こだわり収納…、一杯憧れはあったけれど、身の程を知り上手く自身をまわす工夫をすることが、気持ちよくがんばらないに繋がるんだなと改めて感じる読後。

数ある整理収納本で迷う方は、いろんなタイプの中で一番近い人を選んでみてはいかがでしょうか?
私はこの本を読んで、一層楽になりました。

スポンサーリンク
レクタングル広告大