【高速バス・リボーンが快適だった!】大阪→東京

「高速バスは、眠れない」はウソ?!

皆さんは、東京・大阪間の移動を考える時、「高速バス」という選択肢はありますか?

私は、どちらかというと「ナシ」
だって、眠れない、腰痛い、疲れる…

先日、急遽大阪に行くことになり、家族の時間的なスケジュールで、もうムリだなぁと諦めていました。

いや待てよ?
「高速バス」という手があるじゃん!

結論!
断然「アリ!」

すごく眠れちゃったし。
これには、選んだバスにワケがありました。

シートを選べば、高速バスは楽しめる

今回選んだバス
大阪行き→VIPライナーグランシアファースト
東京帰り→WILLERトラベルリボーン

どちらのシートが良いか、試したかったという単純な理由です。

なぜ、この2つ??

✅シートクッションが良い
✅ほぼフルフラット
✅パーソナルエリアが広い
✅新幹線、飛行機よりお手軽価格
✅ネットができる(パソコン広げられる)
✅独立シート

この良かった項目のなかで、何より重視したのが、シート!
私は、とにかく寝たかった!!!

甲乙つけがたいけれど、よく眠れた方は、リボーン。

…ということで、
リボーンをもう少し詳しくレポートします。

リボーンは、パーソナル空間に包まれる

言ったら何だけれど・・・
寝たら、もう気にならない笑

けれと、隣が誰かって言うのは、気になります。
それを考えて作られたというのが、リボーンらしさ。

シート周りは、コクーン(まゆ玉型)になっているので、倒した後は、通路からの視線はさほど気になりません。

そして、携帯の充電器があれば、各シートにコンセントありなので、道中の連絡も心配なし。
テーブルも結構広くて、PC作業も可能です。
すぐ寝ちゃいましたけれどね笑

写真の通り、ドリンクホルダーがあり、枕が下がってくれるのが、ポイント高かった!

私は、アンダー150なので、この枕が意味をなさないことが多いのです…。

そして、業界で最も最大傾斜角度が広いのです。156度なんですよ。
平均して、130度くらいが最大のものが多い中、この広さ。

後ろの人に、「すみません、倒しまーす」と言わなくてよいスライド形式。
気兼ねなくて、ほんと良い!

要は、FREE!!
このパーソナル感が、心地良かったです。

所要時間や、休憩時間は?


WILLERトラベルは、各種バスにトイレがない分、休憩を2回ほど、サービスエリアで取ります。(大体20〜30分間くらい)

これまで乗った高速バスでは、必ず休憩下車する人だったんです。

今回、熟睡していたのか、知らなかった笑

ちょっと難があるとするなら、やや明るかったかも。
休憩の方に向けて、明るめにしているらしい。

アイマスクがついていましたので、そんなに心配なし??

休憩時間が多い分、所要時間はかかります。

が、ギリギリまで、飲み会などして乗っても、乗れる時間出発なのは、嬉しいですね。

都心を23時頃出発で、8時頃大阪到着。

私は、VIPライナーで、大阪に行きましたので、こちらは、7時到着でした。

目的地での予定が早く、身支度をきちんとしたい方は、到着時間でバス会社を選ぶのも、ひとつの考え方ですね。

最近の待ち合い場所のスペックは高い

WILLERは、パスタ新宿が乗車場所としては、メジャーでしょうか。

大阪は、梅田スカイビル。
空中庭園のあるところなので、観光して、そこでご飯を食べて過ごすことも可能。

今回、WILLERトラベルばかりの話でしたが、行きのVIPライナーは、ラウンジが凄い!

シャワー、最新美容エステマシーンの貸し出し、化粧品も借りられる。
味噌汁、コーヒー飲めて、一服や身支度、万全です。

朝一番の用事があった私…

化粧落として乗っていますから、ここで、ゆったり支度して、すぐに移動しましたよ。

今回、目的地での予定を目一杯使えたのは、ひとえに「寝ながら夜中に移動したから」

「快適であること」に、こんなワザがあったか…と驚かされるばかりでした。

リボーンの内装などが詳しいですよ↓

すごー!化粧品貸し出しまであって、ゆっくり身支度よラウンジサービス!↓(VIPライナー)

旅支度、何かと便利小物について↓

スポンサーリンク
レクタングル広告大