ダイニングテーブルを作ろう計画!

ダイニングテーブルって寿命あるの?

そうそう買わないものだと思っていました、ダイニングテーブル・・・

結婚した
子供が増えた
引っ越した

他にどんな理由があるのか???

このどれにも当てはまらないとすれば、理由は寿命くらい。

我が家のテーブルは、結婚した時に買ったので、11年になります。
そして特にメンテナンスをしないまま時が過ぎました。

ところで、木製家具(テーブル)の寿命はあるのか?

これは使用頻度にもよりますが、一説によると5~10年だそう。
見極めのポイントは、脚のぐらつき…。

うちのテーブル、グラグラしているだけでなくて、天板汚いね~

ということで、寿命と判断しました。
ここで、終わらない我が家、作ろう!ということに…

どんなテーブルにするのかイメージ

私のイメージとしては、脚がポイント!
黒いアイアンでいきたい。

ま、こういう夢想・妄想が一番楽しいですよね。
家族の総意としては、下のような四角い角度の脚が良いと決まりました。

どんな写真を探してくるんだ!素敵すぎるぞ…
もうかなり想像たくましい…。

ところで、買った方が安くない???

我に返る一番のポイントと言えば、ソコです。
でも、愛着の持ちようが変わってくるのが、DIYの良さなんですよ。
世界で一つだけしかないテーブルが生まれようとしていますから…。

♪NO.1にならなくてもいい もともと特別なオンリーワーン♪

私としましては、DIYの腕前的には、このフレーズ連呼で行きたいと思います!

そして、イメージには程遠いスケッチをします。

木の性質で選んでみる

早速木を探します。
まず、木目が美しい、色が美しい…から行きます。
もう、お値段も素晴らしいですね。。。(-_-;)

腕前考慮、腕前考慮・・・

建材で使われ、すぐに手に入る木は、加工がしやすいものの、傷が入りやすいなという実感。
ワックス塗装や削るという手入れも考えつつ、多少硬い木がいい!!
ワックスがのり易い木を探します。

候補は、ニレ・栗・ナラ・タモ

今回は一枚無垢板より安価で、反りの心配が軽減される集成材を扱っている店を選びました。

そして、硬さや木目を見て、ナラの木をチョイス!
果たしてどんなテーブル板がやってくるのやら?!

塗装を考える

板が届くまでに時間があるので、塗装用品を整えます。

最近気に入って良く使っている、BRIWAX
英国王室御用達の老舗ワックスですが、これがまた洋画に出てくる家具の色ってこうだねーっていう絶妙な色展開なのですよ。
因みに、どんな白い木もこれを塗ると、味わいのある素敵な風格が出るので、その風格を信じております(笑)
というわけで、椅子の色に合わせたチューダーオークを選びました。

そして、このワックスがムラにならないように下地も用意。
この下地、ブライワックスの会社の下地がなかなかいいお値段だったので、他社で選択。オイルステインにしました。

ワックスのチューダーオークと、オイルステインのライトオークがどう交わるか…。塗ってみてのお楽しみですが、テーブル天板や脚が来るまでに、試した結果を報告したいと思います!
ところで、よくこのサイトで道具類や材料を載せています。
大体思いついて、決断するのは、日用品ショッピングで貯まったポイント利用がほとんど。

道具使ってナンボやで~と家族を総動員して、作業するゴールデンウイークになりそう…

壁紙の上から塗れるペンキの話はこちら↓

スポンサーリンク
レクタングル広告大