【Dell New XPS13】仕事環境がコンパクトに!

優先するのはコンパクト環境

ただいま2017年にデルアンバサダーに登録、2018年に初めてXPS13のモニタープログラムに参加。この度、2度目のモニタープログラムに参加しております。

とうとう1ヶ月間お借りして、先日返却を終えました。

前回モデルチェンジ前の機種モニターも合わせて、2度目のモニターでしたが、そのたびに感動したのは、「大きさ」「薄さ」「軽さ」

仕事、レジャー、ボランティア活動…

どんな場所でも邪魔にならない大きさを存分に堪能しました!

すぐに仕事に切り替えられる頼もしさ

最近、議事録やセミナー、レッスンなどでよく使うZoom

突然会議になろうと、内臓カメラの性能もバッチリ!
相手方からは、「わっ、明るいカメラだね」と好評!
かなりリアリに映し出されます。(今更ながら、シワを気にする笑)

他のPCでも、いきなり切り替えることは、難しくなかったかも知れません。

ただマイクが何種類もあったりすると、パソコンが認識するための動作が必要となります。
その認識も、ストレスなく反応しました。

「とにかく何かと速い!」のが印象的です。

スタイリッシュでコンパクト

長く持つ時にモチベーションが下がるものは、持ちたくなくなる…。

7年前に、赤いInspironを手にしたのが、DELLとの出会いでした。
今まで、無骨な黒、または色が褪せていく白いパソコンしか持っていなかった私は、テンションUP!
疲れていても「作業しよう」という気に…。

スタイリッシュコンパクトにみえるローズピンクは、ポイント高し
このローズピンクは、キツイ色ではないので、男性が持っていても変な感じがしないところが絶妙です。

モニタープログラムまとめ

この1ヶ月体験を一言で…とマイクを向けられたら!?笑

「欲しいっ!」です。

冒頭にお話ししたように、「ゴチャっ」とするデスクを何とかしたい…(性格は置いといて笑)と思うと、「PCが小さい」のは必須。
コンパクトになれば、メモを取ったり、文房具、スケジュール帳を置いたり…と、そのほかのアイテムも遠慮なく広げられます。

これまでの私の印象では、パソコンは小さくなると性能が悪くなるというイメージ。

求める環境が、動画編集やゲームなど、パソコンがサクサク動くにはそれなりの仕様が必要になることを除けば、NEW XPS13は書類作成、インターネット検索、動画閲覧などには申し分ない内容です。外付け(私物)のSDカードリーダーからの写真読み取りも、速いです。

因みに、音声を編集しながら書類作成を同時にやってみたり、DAZNで動画を楽しみながら書類作成もしてみましたが、動作が固まることはなく、感動しました!
沢山のものを動かしたわりには、膝に置いていて熱い!と感じることもない!

何より、バッテリーのもちの良さは、作業で最も信頼できるところだったなと思います。
そうそう、バッテリーがどれほど残っているか?は、サイドのランプ(バッテリーゲージインジケーター)で確認できますよ。これはウレシイ!

このバッテリー持続時間の良さで、外に持ち出そうという気にさせてくれる。薄さのお陰で、大きさが気にならないのは、鞄の中身の多い人にも、とても良いなと感じました。

いやぁね。高尾山に、カフェ、車中に自宅での仕事…、これだけ毎日そばにいるって家族以上?!(家族も私を見てそう思っていると思う笑)

斜め上で、「そろそろ買っちゃいなよ・・・」と誰かが囁いている笑
さぁ、明日からどうしようかなぁ・・・。

1ヶ月間の他のレポートはこちらです↓



スポンサーリンク
レクタングル広告大