プレゼンにも軽やかにXPSを使って

Dell アンバサダーモニターレポート第5弾


2018年12月より、1か月間デルアンバサダープログラムモニターに挑戦し、楽しく外に持ち出したりしながら、使用感を試しています。

NEW XPS13の最大のメリット、小型軽量…。

それを活かすなら、ビジネスでのプレゼン使用などではないでしょうか?
私も仕事で、セミナーやワークショップをすることから、プロジェクターとの相性が一番気になっていました。

あ、さらにいうなら、私自身は、受講する立場の時に、ついつい講師の持ってきているパソコンを見ちゃう!

何を使っているかって、意外と気になります。

今日は、プロジェクターを繋いでみます。

XPSとプロジェクターを繋ぐには

今回使ったプロジェクターは、EPSONビジネスモデルです。


このモデルには、無線LAN、typeA、typeB、VGA、HDMIなどがついています。

XPSは、HDMI端子とVGA端子がないため、付属の変換アダプタが応用できるもので試してみました。

まずは、無線LAN
まったく問題なしに、パソコンと繋がりました。

こちらは、会場のWi-Fiを必要としないので、もし、プロジェクター側に無線LAN接続がついているのなら、大変便利です。

続いて、typeB
転送速度なども、問題ないようです。

どちらの方法も、プロジェクターのドライバーが必要です。(プロジェクターメーカーのサイトに行けば、ダウンロードが可能)

貸会場であらゆるリスクを想定するなら、有線でやることを考えてしまいます。
・・・とするなら、やはりアクセサリも考えたいところ。

プロジェクターは、直接端子に入るケーブルを推奨していました。
できることなら、typeCとtypeBが一本でつながっているようなものが、転送もスムーズでよいのではないかと思います。
(私は、付属のコネクタに、typeA to typeBのケーブルを繋ぎました)

DELL純正のアクセサリは、以下のものがありましたよ。

なんでもあれば良いってもんじゃないけれど、役に立ちました(番外編)

仕事用に、上記のプロジェクタも持っている我が家。
実はスタンドスクリーンもあり。

実際、白い壁があればスクリーンはいらない。
HDMIでテレビにつなぐことができれば、プロジェクターはいらない。

スクリーンは、白い不透過の布があると、それの代わりになります。
マット調のナイロンで裏地が透けないものが、大きな生地屋さんに行けば手に入ります。
遮光布、レインコート用布といえば、見せていただけると思います。

結局、その時に何がいるか?
その準備と想定はある程度しておいて、周辺機器をそろえれば、パソコンライフはもっと楽しい!

どんどん場所が便利になり、機器が高性能になった結果、使わないものも増えていました。

そんなもんも持ってるんかーーーい!

今回NEW XPS13を試すにあたって、これまでにもっていた周辺機器やアクセサリが日の目を見て、家族がどよめき、喜んだわけで…。

レポート第5弾にきて、家族がどんどん面白さに巻き込まれております。

「楽しい」は、パソコンを選ぶ大事な要素ですね。

これまでのレポートはこちら↓




スポンサーリンク
レクタングル広告大