ボランティア活動で使うPC

デルアンバサダープログラムモニターレポート第8弾!

会合に使えるのか?

これまでは、個人や家族で、New XPS13が使えるのだろうか?という記事を書いてきました。

今回は、とあるボランティア活動の会合に持って行ってみました。

前回【総括】を書くよ~と言っておきながら、もう一回追加延長(笑)

最近は、ボランティア活動や、地域活動にもパソコンでどんどん書類が作成される時代。
パソコンができるとか、できないとか…の問題ではなく、”どこまで共有ができるか?”がキーポイントになっていきているなと感じます。

初めての方でも画面が見やすかったら?
直観的に、作業できたら?
何より、みんなでアレコレ話をするとき、便利なはず!

とはいえ、ファミレスの一つのテーブルで4人で観るには、ギリギリの大きさ。
場合によっては、プロジェクター投影も必要かもしれません。

今回は少人数なので、ワイワイと画面を指さしながら、世間話も楽しい。

グループ活動で使うということ

グループ活動には、個人が持っているパソコンを持ち込むという作業が多いと思います。
それぞれが同じ文章を共有している場合、テーブルの上にたくさんのパソコンが並んで、一斉に作業することもある…。
そんなときの13インチと薄さは、かなり重宝!

だって、飲み物もデザートも置きたいし→そこがメインという話だったり(笑)

今日の会合では、私がPCを持ち込み、その他の皆さんは、スマホで共有という形。

このPCを持つ私を初めてみるメンバーは、口々に「うっすいねー」「スマホみたいにタッチ画面なんだー」
「顔認証、指紋認証なんて、スマホと一緒で便利だねー」と、手軽さや進化に驚いた模様。

話も尽きず、作業はダラリと楽しく…。バッテリーが十分なことも大変頼もしい!

最初に書いたように、軽やかな印象のPCは、グループ活動にもアリ!です。

【番外編】Wi-Fiと電源とファミレス

私が外出先で作業するときに、旧PCでオロオロしていたのは、もっぱらバッテリーのこと。

電源が確保できない場所では、なかなか作業ができません。

NEW XPS13は、長持ちするだけに、場所を選びません。
選択肢増えるっていいですね!

今回は、4時間くらいの作業でもビクともしない頼もしさは、これまでに無かったことです。

そしてWi-Fi…。

どこでも掴みたいというのなら、訪日外国人向けのWi-Fiもあるようです。日本人も使えます。

いろいろ便利になったんだなぁ…。オリンピックありますし、拡充に期待!大です。

スポンサーリンク
レクタングル広告大