New XPS13で、年賀状を作ったら?

デルアンバサダープログラムモニター第7弾!

2018年12月初旬から1か月Dellアンバサダーに当選し、モニターレビューをしています。

今回は、使い倒したことの一つとして、年賀状2019を作ってみたことがあります。
毎年、私たち家族は、家族写真を決めたら、写真ソフトで写真年賀状を作成しています。

タッチパネルがとっても編集に便利だった

慣れって、怖いもので、マウスのクセがついているせいか、タッチパネルの存在を忘れがちなんです。
いつも使っているソフトは、ADOBE PHOTOSHOP ELEMENTS

今回は、レンタル機だったので体験版をインストールして作成しました。

写真年賀状にするときに、気になることと言ったら、写真がボケていないかどうか。
引き伸ばしてみたら、アレ??

そこで、思い出したのがタッチパネル!

スマホのように、画面上にある写真を引き延ばして細部を確かめられるのです。
寄る年波を現実に見るのは、恐怖ですけれど(笑)

あ、ちなみに、このソフト、それこそ身体のまずい(笑)部分(言語省略)を補うリタッチができるそうですが、ナチュラルなままにて出稿。
こういうのは、しょうがないよねーーーと笑い飛ばしながら、せっせと印刷いたしました。

文字入力で、ハガキを大きく伸ばしてやると、間違いも少なくやりやすい!

今回活躍したソフト

レンタル機は、ビジネスソフトは入っていません。
実際に購入するときには、Microsoft officeなどをオプションで選び、同時購入することが可能です。

私は、レンタル期間は、体験版を大いに試す良いチャンスでもありました。
普段の仕事作業には、office365をチョイス

オンライン環境であれば、手軽にワードやエクセル、パワーポイントが使えるのは、助かります。
体験レポートであっても、仕事は普通にやるわけですから、officeソフトがないと始まらない。

先に使った写真編集ソフトも、ブログの写真を加工するうえでも欠かせません。

…というわけで、拍子抜けするくらい簡単に日々の作業ができたのも、ソフトとの相性に心配がなかったから。
ほんっと、年末の忙しいときに、布団の上でも、カフェでも大活躍の本機でした。

【番外編】老人が驚愕する4Kと便利さ

我が家に正月を過ごしに両親が泊りにきました。
手持ち無沙汰になった父は、「何か読むものはないか?」とキョロキョロ。

そこに、XPS13登場です。

ヤフーのニュース画面を出してやり、この中で興味ある記事でも読んどいたら?と見せる。
普段なら、画面に目を凝らしてPCを追う父78歳。

タッチパネル操作を伝え、快適に文字を追う…
「ほーーー、便利でキレイやなぁ」

「こりゃ、あなたたちが夢中になるはずだわ」とそばで見ていた母。

私は、久しぶりに食べた正月料理とその身体の反応に驚愕(家族全員が驚愕)
慌ててYoutubeでダイエット動画を漁り、悶絶しながら身体を動かす。

生活に根づいたパソコンの存在を感じた正月です。

いよいよ、次回が最終回の総括となります。
家族を巻き込んで、楽しませてくれた相棒ともお別れ…
急に寂しい気分です。

これまでのモニターレポートは、カテゴリーのデルアンバサダーより、またはメニュー→ライフスタイル→パソコンよりご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル広告大