奇跡の生・デヴィッド・ボウイ大回顧展!

デヴィッド・ボウイ大回顧展が日本にやってきた

IMG_2054

2016年に亡くなったデヴィッド・ボウイ展が、アジアに初めてやってきました。
もはや、ロックスターの枠を超えて、あらゆる文化やアートに影響を与えた彼の大回顧展。

DAVID BOWIE is NOW(デヴィッド・ボウイは今である)と題された今回の展示は、東京の天王洲で2017年4月9日まで開催予定。

彼を知った瞬間は、MTVの人もいれば、山本寛斎の服、映画「戦場のメリークリスマス」と、音楽にとどまらない。
その多岐にわたる才能をすべて凝縮したような奇跡の展示が、この大回顧展です。

IMG_2055

300点あまりの展示物の迫力が凄い

入口で、ヘッドフォンが貸与され、ボウイの音楽にどっぷり浸かりながら、展示物を見てまわります。
彼のたぐいまれなる才能は、自筆の詩やステージ、衣装案といったスケッチにも表れています。

特に、70年代後半からは、テレビを大いに活用し、直感的な感性があったのではないかと驚かされます。
全然古く感じないところなどなど…。

日本の歌舞伎にハマったことがあるというボウイが愛した衣装…。
奇抜な山本寛斎のデザインに全く負けることなく、颯爽と着こなしている姿は、この世のものとは思えないさまです。
映画「戦場のメリークリスマス」に出演した、北野武、坂本龍一の対談VTRが流れるブースでは、裏話がたっぷり!

俳優としてのボウイの才能と、どこか品のあるルックスが見事にマッチし、映画もサントラも当時かなりヒットしましたよね。
それをリアルタイムで見たことがある世代も、そうでない世代もかなり真剣に見入っている姿が印象的なブースです。

最後には、ライブ映像がたっぷり楽しめる大型ビジョンのコーナー。
ここで、すでに数々の展示物を観て、放心状態の観客にとどめを刺すかのような音の洪水に、さらに圧倒されます。

自分の最期を予期していたかのような作品

生死を強烈に感じながら生きていたボウイが、奇しくも最後に出したアルバムは「ブラックスター」

今、それを聴いてみると、彼のメッセージが深く感じられます。
生きていれば70歳を迎えていた彼が、なお一層カッコよく、渋く、深い音を届けてくれているのです。
まるで、死を予期していたかのように…。

強烈な才能を感じる展示は、時代を超えて楽しめる

ヒット曲以外に聴いたことがないという方も楽しめるのか?

答えはYes!!

博物館の展示は、観た人が何を感じるかは自由です。
最初に書いたように、衣装で観る人、舞台美術で感じる人、音楽を楽しむ人、人間を楽しむ人、俳優を楽しむ人、文学を楽しむ人…。基本的に何に響いてもいいというのが持論ですが、今回に限っては、そのすべてが詰まっていたと言えると思います。

私も決して彼について詳しくはありません。
でも、何だか凄い風圧を一瞬のうちに受けて、どーっと疲れた・・・と言えるほど圧倒された一日でした。

デヴィッド・ボウイは今である!!

2017年、日本での展示はあとわずかです。
公式図録の復刻版なども会場で購入することができます。

IMG_2056

りんかい線を利用されるなら、改札内の大回顧展のポスターを携帯に撮って、入場時に見せればステッカーも頂けますよ。

スポンサーリンク
レクタングル広告大