布団洗濯~コインランドリーの場合~

羽根布団もコインランドリーが使えるんです


外の気温もぐっと上がって、過ごしやすい5月は、布団の入れ替えをそろそろ考える時季。

近所に羽根布団が洗えるコインランドリーができたので、早速試してきました。

手軽に洗濯してしまいたいのなら、本当に楽です!

そして難しいと思っていた羽根布団が洗濯できると知って、かなりハードルがさがりました。

コインランドリーでのポイント

我が家は車ではなく、自力でもっていきます。
縦に蛇腹おり→巻く(ロールケーキ状)で小さくし、その形のままドラムに突っ込みます。コンパクトで簡単!

そして、布団洗濯乾燥ドラムは、専用洗剤が自動投入されるので、洗剤は不要です。
所要時間は、下のような表示。
最初、お値段が表示されたのと勘違いして、ギョッ笑

大体1時間で9割は乾きます。
取り出して、空気を入れてあげて、粗熱をとります。
この時に、まだ湿っているところがないか、チェックしてみてください。
今回はシングル1枚。
取り出した瞬間はホカホカに感じられたのですが、端っこは少し湿っていました。

できるなら、乾燥専用ドラムで、あと20分くらい乾燥すると完璧です。(2枚目からはそうした)

帰宅後に、布団乾燥機や浴室乾燥機などで乾かせたら良いなと思います。

洗濯乾燥1回で、1700円でした。(2枚シングルが投入できる大型洗濯機は、1900円)

クリーニングを利用する場合

我が家は、布団専門クリーニングを利用したことがあります。
汚れ落ちが完璧で感動!
新しい布団を買おうかどうか悩んでいた時だったので、得をした気分!

ただ、その分お値段もそこそこします。

古い汚れや目立つ汚れを何とかしたいというときは、専門クリーニングが断然オススメです。

宅配専用袋が事前に届き、それに詰めたところで宅配業者が自宅に引き取りに来てくれます。
最速だと3日くらいで仕上がってきたと思います。
薬剤も安全なものを使っているところも多く、安心です。

また、一般的なクリーニング店でも扱いがあり、選択肢がたくさんありますね。

クローゼット替わりになる、お預けクリーニングプランをもっているところもあります。

コインランドリーとクリーニングどっちがいいの?

両方を利用して思うのは、汚れや洗濯回数によって使い分けてみるのが良いということ。

以前布団専門クリーニングを利用したのは、子供の鼻血や粗相があった時。
利用した業者は、ペットの粗相にも定評があったので、安心してお任せできました。

ダメもとで、今まで一度も洗ったことのないような布団を託す方もいるので、その感想を読んでいて、面白かったです。
(お値段は8000~15000円くらい)

今回のように「衣替え」を考えたり、急いで汚れを落としたい洗濯なら、コインランドリー。
ただし、鼻血など時間経過したシミには弱い。価格の面では手軽でトライしやすい。
(1700円~)

一般的なクリーニング店の場合、水洗いかドライクリーニングで、薬剤使用の有無が確認できるので、洗剤に問題がない方は、
こちらも、比較的手軽だと思います。(3500円くらいから)

なにより、布団って相当汚れているなってことを痛感。
これまで一度も洗ったことがない方は、どちらかというと専門業者に一度お任せしてみた方が良いと思います。

そういう意味では、布団を購入した時点で、マメにコインランドリー行っとくのが、一番長持ちするかもしれません。

とにかくすっきり、布団収納完了です!

【ただいまご提供中の講座】

フリーアナウンサー内山久美子講師と、ナレーター桐原がお届けしております『魅せる声トレzoom レッスン』

5月の予定がでました。5月20日→残席431日→残席3

艶がある声になるだけでなく、美容と健康にダイレクトに作用する「舌トレ」と「強み発見と話しかた」の二本立てです。

詳細はこちら↓


◎整理収納アドバイザー2級認定講座

整理収納を理論的に学び、どこで自分がつまづいているのかがわかる1日で資格が取得できる講座です。私は、整理が出来ない人間でした。
でも「習えばできる」とわかって心が随分軽くなり、快適に暮らせるように!

2019年6月3日詳細・お申込みは、↑コチラのバナーをクリックしてください↑

リクエストを頂ければ、随時2名以上で開催できます。(東京都内・さいたま市内)
お気軽にお問合せください。

スポンサーリンク
レクタングル広告大