子供が片づけるようになるには?

どうやったら、子供が片づけられるのか?

ちょっと、整理収納にまつわる作者日記になります。
ある時、休みがあったので、お片づけをしようーとなったのですが、子供の部屋はアンタッチャブルでした。

その部屋は、子供の頃の私の部屋のようでした。
わーっと出して、途方に暮れて半べその…。

遺伝? 性分? しつけ? どうしてこうなる?

そして…

息子のために作った電車模型の車両基地(木で出来たレールつきの棚)があります。
「この列以上に電車を増やさない」宣言をしてあるので、彼もそれ以上電車(プラレール)を増やすことはなく、過ごしてきました。

数は問題ないのです。

一緒に、この棚に電車を納めている時に事件は起こりました!

ガラガラガシャーン!!!

ダラダラ片づけていた息子が、乱雑に棚レールに電車を乗せた瞬間、反対側の壁にそれらが、連なるように落ちていきました。

時が止まった・・・・・

そして、彼は一言「だから、片づけるのが嫌なんだ!すぐ落ちるんだもん…」

一緒に片付けていた私の立場は?
棚を作った夫と私の想いは?
静かに置けばいいものを、乱雑に扱ったあなたの態度は?
そもそも自分で片づけられる年齢ではないのか?

モヤモヤモヤ~~~

今にも導火線に火🔥

夫も、固唾をのんで見守ります。っていうか、こういう時って触らぬ神に祟りなしっていうよね(笑)

そこで私の行動パターン

A「何やってんのよ~~~!!!」と叫ぶ。

B 泣く

C 無言

D その場を去る

さてさて、どれだったでしょうか?

片づけやすい仕組みを作る

は極端としても、これまでは、まぁ大抵がAかC辺りでしょうか。
それが、今回は、違いました。

大きく大きく深呼吸(過呼吸かってくらいに

なんだけれど、とりあえず「ああそうか、そうだよね。じゃ落ちないように工夫するから、今からダイソーに行ってくる」と言い残し、ダイソーに走りました。超クールダウン~~~~!!

つまり、ビジュアルは良かったのですが、片づけやすい仕組みが無かったから、その棚が嫌われていたんです(笑)
息子に言われるまで、そこに気づけなかったわけです。

そして、ダイソーから戻ってきた私は、猛烈な勢いで、プラ板を貼り付けました。反対側に壁が出来たわけです。
これで壁と棚の隙間に、電車が落ちることは、もうありません。

子供が片づけでつまづくときは、片づける仕組みが難しいか、効率が悪い。
そして、それが果ては、自身の性格なのではないかと、子供が自分を卑下することもあり得る。私の二の舞です(笑)
私も、子供の頃に親にどう分からないのか説明できれば良かったかも知れないです。
それが感情優先になると、どちらもしっちゃかめっちゃか💦

特に、片づけ方が分からない子供に対しては、親の忍耐は相当に必要です。
が、「分かるようにするにはどうしたら良いのか」を仕組みから考えるべきだったと、その時に強く感じました。

子供の片づけも、会社での片づけも仕組み次第

長い間、その仕組みを考えることすら無かった頃は、「出来ないことは、センスの問題だろうから、どうすることも出来ない」と感じていました。または片づけ出来ないのは病気だろうと考えていました。

とても素敵な暮らし方をしている方を見ていて、「違う人種」だと、諦めていたのです。

今、私は根底からやり直しています。昔を知る人が「どうしたの???」と驚くほどです。
色んなものを捨てることが出来るようになってきて、仕組みそのものを考えることが楽しくなっています。
長年放置しすぎたので、片づけは現在進行形ですが、明らかに使いやすい場所が増えてきています。

センスは、確かに元々備わる部分もあるかも知れませんが、シンプルには出来そうです。

会社も、同じことが言えます。作業効率が上がると、自分のためにも会社のためにもなりますが、その仕組みが難しすぎるために、勿体ない会社を見たことがあります。
でも、皆改善したいと思っている…。
少なくとも、自分のデスク周りだけでも工夫してみたら、景色が違ってみえると思います。

子供が片づけられる仕組みを作ってみませんか?

じゃ、仕組みってどうやって作るの???
これは、その家々によって、ちょっと違ってきますが、基本は同じです。

今、そんなこんなの出来なかった親子の経験を活かすべく(笑)、ワークショップなどの企画を作成しているところです。

人の子は褒められても、自分の子供を褒めるのが苦手…
ならば、いつも良い状態をキープできる仕組みを作っていくことで、平穏に過ごす(笑)

片づけなさーい!っていうのに疲れた~という私は、猛烈に壁をDIYした日から、ちょっとだけ、落ち着いた気がします。別の場所も仕組みを作っている最中なので、もうちょっとしたら、もっと平穏になるはず(笑)

ガラガラガッチャーンの経験(笑)、しないに越したことはない…
ピキっと何か心の中が割れる音がした経験…あれは、言葉にし難いものがありますね(笑)

あ~、日々修行です。

ちょっと今日は、我が家のアルアル苦笑い経験を書いてみました。

スポンサーリンク
レクタングル広告大