試せることは全部試してみよう


「やらないで後悔するよりやって後悔してみよう」

こんなことをモットーに、励んでいた時がありました。

でも、結婚して子供が出来て、病気になったり生き返ったり、いろいろがあるとブレーキがかかることも随分あり、ちょっとボーッとしてしまい…。

つい最近、 モットーが、大きすぎるのでは?と思いました。

もう少し小さなことで、このモットーを掲げてみなよと…。

きっかけは、ついこの間もご紹介した大塚奈緒さんの本。
飽くなき追求が、軽やかで、私にできることもいっぱいあった!


それから適当にやっていた日頃の自分に対する投資や、勉強。
「 できているはず」「きっと変わらない」といった枠を一旦外して、試せることは全部試す。
それも、めちゃめちゃベースラインからスタートする。

基本ってほんと大事ですね。

最近のヒットはプロに頼ること

プロ洗剤を使って、築20年の汚れを一旦なかったことにする

めちゃめちゃベースラインとかいって言っておきながら、ハードル高いやん!

いえ、そんなことはありません。
大塚さんの本にもあったのですが、「手早く綺麗にしたい」ことが大事。
まず根本の汚れが落ちないでいて、普段の積み重なる汚れが落ちるわけがない。

業者さんに頼んでもいいけれど、業務用洗剤という手があった。
そこで試しにそれで汚れを落としてみることにしました。

と言っても、20年ですよ、20年。重なり方がハンパないです。
落ちなくたっても仕方がない。

ここで、例のモットーを発動!
「やらないで後悔するより、やって後悔しよう」

カビ取り洗剤をやって、アフターを1時間後に撮りました。
グロいものオッケーでしたら、ご覧ください。

Processed with MOLDIV

ここまで落ちたら、もう何も言いません。もう一回やったら完璧じゃない!?
これは、本にも載っていた会社のカビ取り剤を使用しましたよ。
やー、ビックリしたな。

次のヒットは、メイクアップ
カビ取りの後に、メイクアップの話を書くなんてなかなかおしゃれじゃないか(笑)

ナレーターもたまにプロモーション写真を撮ります。
100枚ぐらい撮って、ようやく見つかる奇跡の一枚を、数年使います。(毎年撮る方もいるかも)
メイクはプロにしていただきます。勿論自前でもいいですが、そこはプロにお任せ。

絵画のように、塗り重ねながら、弱点を補強していく。
さらには煌々とライトをあてていただき、あるべきものが見事に抹殺され…。
マジックです。

じゃあ、 セルフメイクで弱点の補強はできないのか?
ここでまたもやモットーを発動。
メイクアップセミナーに行きました。

メイクされるのとするのとでは大違いです。
やっぱり自分で千本ノックのごとく練習しなきゃならない。
お道具を使いこなす技だけで、手持ちの化粧品が何ランクもアップする。

はぁ~~~、感嘆のため息!

最後のヒットはキープすること

メイクの後にまたもや洗剤(笑)
汚れをせっかく取ったのなら、キープです。
撥水コーティング剤を初めて使いました。

水滴弾いています。素敵!

試せることは全部試してみよう
もっと軽やかに…。

明日は、何を試そうかなぁ。

スポンサーリンク
レクタングル広告大