照明でお部屋の模様替え!

とうとう照明をつけかえることにしました


先日、照明のプロから、いろいろレクチャーをして頂いた結果(この時のお話しはこちら)、私の身体は週末、IKEAに向かっていました。
IKEAは、独自の口金の電球もあることから、最初は選ぶことを戸惑っていました。
ですが、国産メーカーも共通の電球も勿論扱っているので、LEDに気軽に着替えるという感覚で、色々探索です!

我が家の理想の照明は…

①寛げる柔らかい光
②アクセントウォールのペイントが生きる光
③ご飯が美味しく見える光

この3点

この理想を挙げた時点で、オススメ頂いたのは、電球色

付け替えに踏み切る時に感じたのは、理想から考える色の選定と、光の強さの選び方の難しさです。
さぁ、どうなるやら??

電球の色ってどう選べばいいの?

LEDの良いところは、電球の熱を感じないこと。
例えば4つも5つも白熱球をつけていたら、ちょっと熱かったかも知れません。
そしてエコ!!

寛ぎとか食事を挙げている我が家の理想からいうと、優しいオレンジに近い電球色
勉強・作業が多いなら、白っぽい昼白色

リビングテーブルで宿題をすることもある息子や、手芸にいそしむ私にとっては、昼白色も必要になります。
そんな時に便利なのが、電球色と昼白色などを1個で変更できる電球を使用すること。

そうなると無数の選択肢です…
電球見ながらクラクラ~(笑)

つまりは、「何をしたいか」

デザインもさることながら、目的優先で選ぶと自ずと決まってくると言えます。

部屋の広さと電球の数

続いて問題になったのは、光量。
お店の広いフロアで見ている限り、他の光も拾っているのでサッパリわかりません💦

スポットライトのようなピンポイント使用か、広範囲使用なのか?広がり方を選べるとなると、かなりの種類が出ています。

ん~奥が深くなってきたぞー

迷ったときは、ショッピングフロアでなく、展示フロアに行ってみる!
そして、休憩のコーヒー(笑)

コーヒーを飲んでいるテーブルの上についているシェードが気になって、また見に行く…
こうやって、行ったり来たりを繰り返して、ようやくシーリングスポットライトという路線に…。

5つ電球があれば、使用する場所に応じて、角度を変えてスポットをあてることができます!
電球は、最初は安価なタイプでお試しし、気楽に乗り換えるという案。
5つの電球のうち、調光タイプもつけてみて、遊んでみる…
そんな感じにまとまりました。

調光タイプには、リモコンが要ります↓

ふぅぅ~長い道のり・・・

ギンギンして寛いでいなかった我が家が変身

結論からいうと、大正解でした♥

めっちゃめちゃクリアだから、何にでも使えると思っていた昼白色…
学校の教室や職場の照明とほぼ変わらず、学校・職場から帰宅しているのに、帰宅していない感満載(笑)

だから、アカンかったんやね~⇒何かと理由がついてしまうところが怖い(笑)

本日は、3日目。
明らかに良い夢を見ているような感じがします。

人にとって、何をすることが寛ぐのか?は、それぞれ違うと思います。
家族の意見がバラバラなら、それを一つ一つ解決する方法がないのか考えてみて…。
それが、照明によって解消されることもあるんだなという驚きと喜び!

まずは使用前↓

そして使用後↓

これから部屋をプランニングされる方はもちろん、気軽な模様替えを照明で・・・は、オススメですよ♥

スポンサーリンク
レクタングル広告大