アクセントウォールでお家を明るくしよう1

リフォームするなら、小さい場所から

q2jaizoefn4-dirk-sebregts
見慣れた部屋の風景を、気分一新!明るくしてみたい!とリフォームを考えたことはありませんか?
我が家は、築20年。マンションとしてはいい味というのか、気になる場所も出てきました。

リノベーションも素敵ですが、自分たちでできることはないかなと考えたのが、壁の変化をつけること。

とはいえば、どこを?

そうですよね、壁といってもいっぱいあります。
でも、一面だけなら、失敗しても痛くなさそう(笑)

今日は、まず家族会議に始まって、構想までどんな感じになっていくか、書いていきたいと思います。

どの壁に変化をつける?

アクセントウォールとは、文字通り、アクセントをつけた壁です。
強弱をつけたい壁はどこでしょうか?

一番小さな壁!と考えて、最初は玄関の下駄箱の上!
しかしながら、下駄箱が邪魔でかなり塗りにくい。

次に小さな壁は、トイレ。
養生し、乾くまで、トイレを我慢は、現実的にムリ(笑)

ではリビングで!

テレビ裏が一番小さな壁。でも、大きな変化は感じにくい。
そう言えば、震災で家具が動いて傷ついた壁があるのです。この壁をどうにかしたい。
塗れば、目立たなくなりそうです。
・・・というわけで、その傷ついた一面だけにすることにしました。

壁紙にする?ペンキにする?

これ、一番最初にぶつかる壁(笑)

壁の前に壁(笑)

私たち家族は、住宅専門業者でもなんでもありません。
素人にできるの?それ?
・・・ていうのが、素直に感じる部分ではないでしょうか?

まず、今の壁がどうなっているか、じーーーーーっと観察!
すると、壁紙の継ぎ目が見えます。

ここから、ペリっとはがして、再度新しいものを張るという作業・・・。
んー、かなり厳しい!


引用:リフォーム情報ミライエ

道具もまあまあ要りますね。

そこで・・・、我が家はペンキを選択することに決定!

壁紙の上から塗れるペンキにしたい

壁紙をはがす手間が解消されそうなので、「壁紙の上から塗れる」とうたっている素敵なペンキがある、2社に注目しました。

一社目は、COLER WORKS
こちらは、東京だとショールームがあることと、以前カラーチャートをDIYショップで見かけたことがあって、気になる会社でした。

二社目は、イマジンウォールペイント
こちらは、絵の具のターナー色彩が作っているペンキ。色数も豊富です。なかなか見かけない色味がたくさん出ています。

この2つのうち、サンプルを取り寄せやすかったイマジンウォールペイントで、まずサンプルを試すことにしてみました。
サンプルは、1個39円。これをチョイスしてみることに。

壁の色選びの難しさ

「一杯色があるから、楽しいね~」と言っているのもつかの間。。。
結構、パソコンの画面で見る色と壁を比べるのは簡単ではありません。

そこで、今リビングで一番多い色を観察すると、カーテンのライトサーモンピンク。
次に、家具のウォルナット色
この色に合う色を探すことが、色決定の近道?!

特に、カーテンと隣り合う壁なので、サーモンピンクに全く合わない色は使えないということになります。

ただ、アクセントにしたい!

となると、補色を探すとよさそうです。

補色とは?
550866

この輪になっている色相環の色のでいう、選んだ色の反対側にある色が、捕色です。
赤ならば、緑が補色になります。

ライトサーモンという色の反対は、ライトブルーあたりのよう。

そこで、さらに家族会議・・・

これまた喧々諤々。決まりません。

そこで、ライトグリーン~ライトブルーにあたる色サンプルを取り寄せることにしました。
補色は、反対色なので、冒険・・・というイメージもあります。
小心者の私は、同系色の暖色も入れることに。

壁紙を塗りたい!という冒険を決意しておきながら、色でグダグダ(笑)

家族が利用する場所だから、家族の意見が大切

相方のイメージ・・・落ち着きたい
息子のイメージ・・・明るくホテルのように
私・・・・・・・・・気分一新

似ているようで、見事にイメージバラバラ(笑)

やはり、実際に色とともに生活してみるしかなさそうです。

はー、サンプルが届くのが、待ち遠しい!
次回は、サンプルを塗ったパネルを貼り、色を決定していきます。

スポンサーリンク
レクタングル広告大